2010年04月10日

ゴミ分別

主人がナイジェリアから戻って、私が一番最初に教えたのが、ゴミの分別です。

結構細かく分別しなくてはならないし、リサイクルにも進んで取り組みたいので、主人にもきっちりやってもらう様お願いしました。

綺麗好きな性格とゴミ分別が関係有るかは定かでは有りませんが、主人は元々綺麗好きですし、教えればちゃんとしてくれますので、結構面倒がらずに協力してくれて助かります。

リサイクルのプラ容器もちゃんとすすいでゴミ箱へ入れてくれますし、先日は大きな分別ゴミ箱の底にローラーの足を取り付けてくれました。アイデアは自分自身でも、いざやるとなると、どうやって取り付けようかと悩んでいただけに、ちょちょ〜いとやってくれた主人に感動ぴかぴか(新しい)です。

でもゴミ分別の細分化には結構驚いた様子で、自分の兄弟や友達に話してました。

私がTVで見た限りですが、ラゴスも結構ゴミが多いので、リサイクルを頑張って取組んだらいいのにと思いつつも、日本人と同じ様にナイジェリア人にも出来るかなぁ〜と思ったりします。

とにかく主人にとって、帰国早々本格的なエコアクションとなりました。


posted by 夫はチョコレート at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

温度差

先月ナイジェリアから主人が戻って以来、関東地方は結構毎日肌寒い日が続いていまして・・・。

それはそれは真冬並みの格好をして過ごしている主人を毎日(こっそり)愉快に思っております。^^

今週末には、カナダから友人が遊びにくるのですが、冬は−30℃位になる地に住んでいる彼女にとって、
この気温はバッチリ春な訳でして・・・。

100406_1325~0001.jpg

この温度差のある私達が、一つ屋根の下で生活する日々に若干の不安を抱えつつ賑やかな春を満喫したいと思います。^^;


posted by 夫はチョコレート at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

結婚生活の再開

年頭、友人からの年賀状に『結婚することになりました』と書かれていました。
新年早々、縁起の良いお話で私も嬉しくなったのですが。。。

『夫が戻れば、私も気分は新婚モードなんですけどぉ〜』と思い内心一人苦笑いをしていたお正月ですが、今月、すったもんだの末にようやく夫が帰って来ました。

そして毎日『寒い寒い〜』と申しております。

そりゃそうですね。
真冬に逆戻りしている関東地方へ帰って来たのですから。^^;

日焼けして真っ黒?!になっていた夫に若干戸惑いながらの結婚生活の再開って事で、私も友人と同じく新婚気分です♪

ところがです。。。

実は予想外の気持ちの変化に自分でもビックリしています・・・。
乙女心は本当に複雑だなぁとしみじみ実感する事になりました。

と、その話の前に去年のクリスマスの頃に話を戻しますと、

クリスマスと新年に主人から電話を貰ったのですが、正直、肝心のVisa申請が進んでおらず、ずっとモヤモヤしっぱなしでした。が、そうは言っても、ギリギリなのは毎度の事なので文句を色々と言いたくなりましたが、まぁ想定内という事で我慢しておりました。ーー+

そんな夫を、毎度ながら少々冷ややかに見つめていたのですが、今年1月中旬にビザの申請が済み、1週間程度で帰国という時に、主人の父が亡くなりました・・・。

長い間の闘病生活だったので、皆それなりに覚悟は出来ていたと思いますが、実際に亡くなるとかなりショックだったのでしょう、落ち込んでいました。しかも主人は在留資格証明の有効期限が切れる寸前の出来事で、パニックになっており本当に色々と大変だったんです。

半ば絶望的な状況の中、入管に電話をして相談すると、職員の方は親切に相談に乗って下さいました。そのお陰で少し希望が持てました。ビザの有効期限内であれば、在留資格証明の帰国期限が過ぎてしまっていても、入国出来る可能性はあるとアドバイス下さいました。

*補足で説明しますと、在留資格証明書というのは、発行日から3ヶ月が有効で、それまでに入国する事という決まりです。

ある意味一か八かのギャンブルみたいですが、そんな訳で在留資格証明の有効期限を過ぎてからの帰国が確実になりましたので、私達は入管で頂いたアドバイスの通り、入国審査時になるべくスムーズに行く様に、遅れた理由を証明する書類を用意しました。

私は、当日空港までお迎えに行くつもりだったのですが、どうしても変更の利かない仕事が有り、出迎えを断念したので、凄く心配だったのですが、前もっての準備のお陰なのでしょうか、思っていたよりも審査もすんなりだった様です。

夕方、最寄り駅近くの路上で再会となりました。^^;

予想していたドラマチックな再会とは全く違っていましたが、それなりに私達らしいなぁと思い出してみる笑えます。道端での再会なんてそうそう無いですね。でも、そう言えば前にもそんな事が有ったなぁ〜と遠い記憶が甦りましたが・・・。^^;

夕方だったので、顔ははっきりとは見えないのに、向こうからニヤニヤ(ニヤニヤ感が身体中に漂った感じで)しながら、ガラゴロとスーツケースを引いている主人が見えたので、私もニヤニヤしながらのお出迎えです。

『あ〜、帰って来たんだなぁ、これで別居生活も終わったんだなぁ』と思い、なんだか複雑な心境でした。

しかし、ずっと会っていなかったのに、やっぱりそう感じたのはほんの少しで、直に幼馴染に久しぶりで再会した時みたいな気分になりました・・・。あっという間に打ち解けちゃうみたいな、そんな感じです。

あまりに時間が経ち過ぎて、突然結婚生活が再開したという事実を上手く処理出来ないかなぁと思っていたのに、そんな事もなくて、それが逆に不思議というか、妙な気分です。

今は、終始、お互いに目が合う度にニヤニヤしております♥
3年って結構長かったですからねぇ。新鮮な気持ちになるには十分な時間だって事です。^^

ここのところ、夜遅くまで色々な話をして寝不足気味ですが、まだまだ話す事があるので、少しスローダウンして、ちょっとずつ二人の時間を埋めたいと思います。

最後に、今まで心配しながら見守って下さっていた皆様、有難うございました。心より感謝です。m(u u)m


posted by 夫はチョコレート at 11:25| Comment(8) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

5年目突入です

今月からこのブログは5年目突入です手(チョキ)
自分でもこーんなに続くとは思っていなかったものですから、本当にビックリ目です。

日々の些細な出来事や、おっとっとな夫との国際結婚生活、そして自分の気持ちをこれからも書き続けたいと思います。

自分の気持ちを『書く』事で何度もリセットして来ました。
その度に私は冷静になれるし『よし、また頑張ろう!』と前向きな気持ちになれるんです。

『書く』って凄い事なんだなぁ〜と改めて実感るんるん

そしてブログの向う側の皆さん、いつも有難うございます。
これからも宜しくですバー

posted by 夫はチョコレート at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

おめでとうございます

jp10p_mj_0046.png
pancake.PNG
☆今年も宜しくデス!

2010年って子供の頃に想像していた『未来』の響きです。
なんか、いよいよ〜って気がします。

毎年、年初めには『今年の目標』みたいなのを決めてるんだけど、今年は『ゆる〜い』感じで行きたい。
『心の平穏とバランス』がキーワードです!

最近、怒りしんぼになってしまって、心がササクレ立ってたから、色々な人に優しい気持ちで接し、イライラしない様にしたい。→特に身内。

仕事もプライベートもポジティブに取り組みつつも、心の平穏がなくなってしまう程、がむしゃらにはしないで、バランスを取る事を覚えないと!と思ってます。

実はそういうところがブキッチョだったりするもので。^^;

"ちょっと大きめ"なチョコレートの独り言に、今年もお付き合い下されば嬉しいです。皆さんにとっても2010年が素敵な年になる様にお祈りしています。

posted by 夫はチョコレート at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

正夢となるのでしょうか・・・。

最近、続けざまに夢を見ています。
いつもは、だいたい忘れちゃうんですけど、今回は覚えてます!

ある日の夢は、私がソファーでTVを見ながらうたた寝してしまいます。実際にソファーでうたた寝しながら見た夢なので、あまりにもリアルで、夢と分かるまでしばらくかかりました。^^;

うたた寝から数時間経った頃、首が痛くなってしまったので、ベッドでちゃんと寝ようと思い起き上がりました。

ベッドまで来ると、スースーという人の寝息みたいのが聞こえて来たのですが、なんせ寝ぼけているので、実際に人の寝息かどうかが分からず、しばらく目をつむったまま(眠くて目を開けていられない)、聞き耳を立てていたのですが、やはり人っぽいと思い、一瞬で眠気が覚め怖くなりました。

誰もいないはずのベッドを良く見てみると、片側だけこんもりしています。

私は物凄く焦っています。

きっと、玄関のドアの鍵を掛け忘れて誰かが入って来ちゃったんだと思い、音を立てずにジッとしているべきか、はたまた猛ダッシュで逃げるべきかをあまり良く回らない頭で必死に考えていました。

寝息の感じからして、男の人っぽいとは思ったのですが、私のいる所からは顔が見えないので、恐る恐るではありますが、そーーーーーっと布団をまくって顔だけ見てみる事にしました。

そーーーっと近寄って、ほんの少しだけ布団をめくると、スヤスヤ〜っと寝ている見覚えのある顔が!

なんと、ナイジェリアにいるはずの主人でした。

そりゃ、鍵持ってるから入れるわな・・・とホッと一安心。
でも『なんでここに居るのさ?』との思いが湧いてきて、彼の側に座りながら『ハニー!』と声を掛けます。

すると寝ぼけた声で『んーーー。』と言いながら片目をうっすら開けて私の顔を見たので『いつ帰って来たの?』と聞くと『夜中だよ。君がぐっすり眠っていたので、起こさなかったんだ』と寝起きのガラガラ声で言います。

『そういう時は起してよ〜』と言ったのですが、ふと気付くと彼自身、とても疲れているみたいで眠そうだったので『寝ていいよ、起きてから話そう!』と言って、またソファーに戻ったところで目が覚めました。

目が覚めたというか、気付いたらソファーで寝ていました。
今起こった事は現実だという感じと、なんとなくモヤモヤした感じの丁度中間にいるみたいでしたので、今起きた事を確かめる為にベッドルームへ行きました。

もちろん、そこに主人の姿はなく、きちんとたたんだ洗濯物達がベッドの上に置いてありました。バッド(下向き矢印)


またある日の夢は、ピンポーンと玄関チャイムが鳴ったので『は〜い』と出て行くと、そこに不機嫌そうな顔をした主人が立っていました。何が面白くないのか、それはそれはすっごい仏頂面で、私も黙ったまま、ドアを大きく開けて主人を迎え入れたのですが、その後もお互いに無言のままという夢を見ました。何も言わない主人のオーラが不平不満だらけで、一言もしゃべりません。私も何もしゃべりませんが、とても嫌な気持ちになった夢でした。


これ以外にも、私が何か主人にお説教じみた話をしているため、英語で寝言を言っていて、その自分の声に驚いて起きたりしていまして・・・。^^;アホです。

そんな訳で夫関連の夢を最近は良くみるんです。

夢って深層心理の現れとか言いますよね?

つまり、主人が帰って来るのは嬉しいが、私にとっての不安要素(主人の嫌いな部分)も一緒にやって来ちゃうゾという事を無意識のうちに、意識していたのかなぁと思っちゃう様な夢の数々です。

仲良く平和に暮らして行きたいだけなんすけどねぇ〜。



posted by 夫はチョコレート at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

誘拐事件

今朝、ラゴスの夫に電話をしたら、こんな事言ってました。@@;

『オスオフィアが誘拐されて、まだ見つからないよ!』

オスオフィアと言えば、ナリウッドのスーパースターで、ナイジェリアの喜劇王ですね。

Osuofia↓↓↓
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&rlz=1R2SUNA_jaJP343&resnum=0&q=Osuofia&um=1&ie=UTF-8&ei=VFUES7raGZXW6gOB4dWGAQ&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=7&ved=0CC4QsAQwBg

『で、身代金は要求されてるの?』と聞くと、
『15ミリオンナイラ要求しているよ』と言ってました。
『いつ誘拐されたの?』と聞くと『2週間位経つかなぁ』との返事。

さて、15ミリオンナイラとは日本円で幾らなのか???
分からないながらも大金だと言う事はミリオンの辺りで、なんとなく分かるんですが・・・。^^;

Exhange rate↓↓↓
http://www.xe.com/ucc/convert.cgi?Amount=15%2C000%2C000&From=NGN&To=JPY&image.x=80&image.y=13

皆の国民的大スターを誘拐するなんて。ーー#

オスオフィアのおっちゃんの無事を祈ります。

事件の記事↓↓↓
http://www.huhuonline.com/index.php?option=com_content&view=article&id=708:nkem-owoh-osuofia-kidnapped-abductors-demand-n15-million-naira-ransom&catid=103:more-news&Itemid=333



posted by 夫はチョコレート at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

フェミクチの挑戦

偉大なアフリカを代表する歌手『フェラ・クチ』の息子フェミ・クチをご紹介したいと思います。

ロンドン生まれのラゴス育ちで、17人を率いるホジティブホースというバンドを組み、父と同じく世界で活躍しているナイジェリアを代表するアーティストです。

フェミは、アフロビートには強い繋がりを感じているので、アフロビートとラップやヒップホップなどの新しいビートとをミックスした新しい音楽作りをしています。

何をしている時が一番幸せですか?との質問に、「音楽でステージに立っている時が一番幸せ」と嬉しそうにあるインタビューに答えていました。

彼自身、戦争(内戦)を体験しているので、平和を人々に呼びかけています。また、自分の父親をHIVで亡くしているので、HIVや感染症にも注意を促し、人々に生きる喜びと愛するエネルギーを与えたいと話しています。

父親のフェラ・クチは、偉大な音楽家であり、また人権活動家でもあった為、ナイジェリア政府の反政府分子として、何度も逮捕されていました。父親の名声の裏側で、家族は大変厳しい生活を強いられていた様です。『父はいつも家にはおらず、また、父親には彼女がいると言って、母親はいつも泣いていた。学校では父親の事でいつも野次られるので、喧嘩ばかりしていた。』とあるインタビューで、過去を振り返っていました。

彼は、父親には音楽を教えてもらわなかったと言っています。教えて貰わなかったと言うより、教えてくれなかった為、楽譜は自分で読み方を覚え、父親のバンドで演奏を始めたそうです。ステージでは、怖くて震えており、気持ちよく演奏できる様になるまでかなり時間が掛かった上に、バンドのメンバーになってからでさえも親子の時間は無かった様です。

全て投げ出して子供の為に生きた母親のレミがフェミにとって一番大切な存在であり、子供達の前ではいつも父を弁護していたと言います。姉がいたのですが、癌で、父の後を追う様に1997年に死亡しています。フェミにとっては、1997年はとても辛い年です。そして2002年には最愛の母も亡くなり、妻とも離婚し、家族で4人を養子縁組しています。そして、ナイジェリアのラゴスで、ニューアフリカンシュラインを経営している妹が一人います。

父親のフェラ・クチは政治的メッセージを歌に託し、何十年も歌っていました。ジャーナリストでもあり、人権活動家という事は世界でも有名です。

フェラと同じく、フェミもアーティストとして人々の問題を歌い、歌で政府が腐敗している事を伝えています。ナイジェリア政府への痛烈なメッセージや、若者達への応援のメッセージを歌に込めています。

ナイジェリアの若者の多くは、石油が潤沢なのに、どうして自分達の暮らしが貧しいのかと、政府へのフラストレーションが溜まっているのです。麻薬や悪事に走らない為にも、若者達のフラストレーションを発散出来る場所を作ったんだそうです。

それが妹のイェミ・クチが経営するクラブバー『ニューアフリカシュライン(神殿)』です。

勇気を持って汚職に対して戦おう。清く正しく生きて行こう。人々も変わらなくてはダメだというメッセージを込めつつ『愛』について歌っていると言います。

しかし、フェミ自身も活動家として見られ、政府が一時ニューアフリカシュラインを閉鎖した事もあるそうです。
政治的リーダーも本来の役割を果たして欲しいというのがフェミの歌の根底にあるメッセージだからなのでしょう。

フェミも父と同じ険しい道を歩んでいる様に思います。

話は変わりますが、フェミの父であるフェラの「Fela!」というミュージカルが11月23日より、ニューヨークのブロードウェイで始まります。オフブロードウェイでは既に公開されていたものらしいのですが、パワフルなミュージカルだそうで、見てみたいです。

☆ブロードウェイ情報☆
http://www.broadway.com/buzz/filter/show/fela/


posted by 夫はチョコレート at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

地球温暖化にあえぐ巨大都市

BBCの特集番組の第1回目は『ナイジェリアのラゴス』でした。
ご覧になられた方もいらっしゃるかも知れませんが、ご覧になられていない方の為に簡単に紹介したいと思います。凄く良く、ナイジェリアのラゴスの様子が分かりましたし、抱えている問題点もはっきり分かりました。

ラゴスは毎年水位が上がっている為、場所に依っては数メートルも陸地を侵食して来ているそうです。その為、海水による地下水の汚染も気になるところです。また、近隣諸国からも仕事を求めてナイジェリアに出稼ぎに来る人々で、街が溢れ返っています。インフラがきちんと整備させれておらず、国営の電力会社に電気料金を払っても、一日数時間しか送電されないので、市民の不信感は募り、支払わない人が続出しています。また、一般的に各家庭には発電機(ジェネレーター)が普及しているが、この発電機すら買えない貧しい人々も多い様です。

政府関係者は認めていないのですが、国民からは不満の声が上がっており、矛盾した両者の言い分を放送していました。

最近就任したばかりのラゴス市長(名前を忘れました)は最年少で、色々な改革への取組みに誠実に意欲的に取組んでいるらしいです。この若くてバリバリ仕事の出来そうな市長に期待している人も多い様です。

しかし、ラゴスの交通事情は最悪です。
きちんと交通関係の整備も整っていないのか、信号が機能していないのか、とにかくマナーも悪く、交通事故は日常茶飯事らしいです。信号を守ったり、規制速度を守ったりという事はあまりない様子のラゴスには名物の交通整理係のパワフルなおばちゃんがいて、ラゴスの道路を仕切ってました。交通量が半端ない道路のど真ん中に立っているので、感心しましたがかなり危険・・・デス。

また、主人からも聞いていたので知っていましたが、近年ウォーターフロントの観光に力を注いでいるそうです。でも海岸沿いでは侵食の影響を危惧しています。

しかし、海はTVで見ると結構綺麗で、江ノ島よりいいんじゃない?!と思いました。^^;

近隣諸国からの出稼ぎ労働者なども多い為、2015年までに世界第3の大都市になると言われているそうですヨ。国の整備と人口過密が追いつかない状況の中、各家庭で使用の発電機の影響もあり、気温が上がったりして、確実に地球温暖化の影響が出ているみたいです。

なかなか見ごたえのある番組でした。
ナイジェリア政府の更生を望みたいと思います。
国民が可哀想ですもの。

ナイジェリアが名実ともにアフリカを代表する国になる為には、もっとリーダーシップを発揮する必要があると、他のニュース番組が言っていたのが印象的です。その為には、一日も早く更生し、国民からの信頼を回復しなくてはならないし、最低限の生活を保障出来る国にしていかなくてはならないですよね。

*ナイジェリアのリーダーシップについてはまた次回書きます!

確かに今までさんざん先進諸国が無計画に二酸化炭素を撒き散らしてきたツケが途上国に起きているのも事実ですけど、豊かな天然資源が沢山出る国が貧しいというのには、必ず明確な問題がある気がします。

やはり政治が腐敗しているからです。
私利私欲に走る政治家が自分達ばかり私腹を肥やして来たからです。

何年か前にナイジェリアの緑が無くなり、更に砂漠化が進んでいるという記事を読みましたが、その影響も大きいと思います。緑が無くなる理由は、インフラ整備がされていないが為に、地方の人達は木を切り、蒔きにしているという事だったと思います。

石油が採れる国なのにもかかわらずです。

遠くの場所の変化が環境に大きく影響する事が有るというのは最近皆が知っている事です。

こういう事もラゴス市にも影響を与えているんだと思います。

また気候の変化をもたらし、水位上昇、地下水の汚染、またはサイクロンなどの大型台風を引き起こし、水害で家を失う気候難民などが増えているのです。

誰の物でもない、地球を、皆で大切にして行かなくてはダメです!!



posted by 夫はチョコレート at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

おねむなのねぇ〜

いつもやられっ放しなんで、久しぶりに夫の寝込みを襲ってみる事にしました。(電話ですケド・・・)

電話には辛うじて出た夫。
寝ぼけ声でフンフン言ってるの。^^アハハ〜

いつもより、ちょっとだけハスキーボイスになっちゃってる。
『もう大丈夫だよ、起きたよ!』ってスタンス取りたいのに、まだ "脳" が起きてなくて全然出来ないの。

冷静に考えれば、30過ぎたオッサンが寝ぼけてるだけなんですケドね。^^;

わぁーーーははははっ。^0^
愉快愉快るんるん

いつもやられっ放しじゃたまったもんじゃないので、仕返しダス手(チョキ)


posted by 夫はチョコレート at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

Yes!

私の日課の一つ。

郵便受けをチェックする事。。。

入管からの在留資格証明を待ち続けて約11ヶ月、毎日毎日『そろそろかなぁ?』『まだかなぁ〜?』と郵便受けを覗き、場合に依っては日に2回も見たりしてました。^^;

あまりの遅さに『途中でどっかとんでもない所へ行ってしまったのではないか?』『郵便屋さんが紛失しちゃったんじゃないか?』と不安になりながら待ち続けていました。

きっと、私の気持ちを『うんうん、分かる分かる』と理解して下さる方も多い事でしょう。

あーホントに長かったです。。。

『日本国はさ〜私達の夫婦の生活を何だと思っているのかね?』なんて不満も言いたくなります。
それ位、長かったんです。

でも、在留資格証明を再び手に出来た時には、ただただ感謝の気持ちが湧き上がって来ました。
『Yes!』とガッツポーズ出ました。^^v

そんな訳で、先週末に例の書類を受取ってから直に、主人に連絡を入れたのですが、主人も私と同じ気持ちだったみたいで、一瞬きょとんとした間の後『お祝いのキッスキスマークしてして』と言ってました。^^;アホです。
そんなこっ恥かしい事は出来ないっつーの。

一歩前進はしたのですが、お祝いは本当に帰って来てからじゃないと安心出来ないというか、何度もどんでん返しを経験するとそう簡単には信じられなくなるというか・・・。

なんせ夫はナイジェリアンですから。。。(最後まで何があるか分からない!)

ハァ〜、郵送も済ませた今は、ただ万事上手く行きます様にとお祈りするしかありません。(アーメン)


posted by 夫はチョコレート at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

MoneyGram

数日前の話ですが、東京駅近くの丸の内ビルに行って来ました。

何故かというと、イタウ銀行へ行きMoneyGramで送金する為です。
この聞きなれない銀行は、ブラジルの銀行だそうです。

今年の1月末にスルガ銀行がウエスタンユニオンとの契約を終えた為に、ナイジェリアに送金するのは、郵便局の国際送金か、直にお金が必要な場合は、10ミニッツサービスをうたっている、マネーグラムインターナショナル(アメリカの会社)しか今のところ手が無くなりました。

調べればもっとあるのかも知れませんが面倒なので・・・。
(ゴーロイズはナイジェリアへの送金は出来ないしたらーっ(汗)

ウエスタンユニオンは今後、銀行以外の場所、例えば、コンビニやガソリンスタンドなどからでも送金出来る様に、法律の改正後に事業拡大する様ですから、今後はもっとサービスの向上に期待出来るかも知れません。

そんな訳で私、久々の丸の内です。いつもはカジュアルな服装で仕事し、生活している私ですが、丸の内じゃ、返って浮きそう^^;って事で、ビシッとスーツを着て行きました。なんだかOL時代を思い出しました。(すっかり丸の内の馴染んでいたと思います?!)

私の住むところからですと、大手町で下車する方が近そうでしたので、大手町で下りたのですが、丸の内ビルまで地下をずーーーっと、ずずずーーーっと延々と歩いて行きました。

多分10分近く歩いたのではないかと思います。ーー;ナガッ!

地上に出ると、イタウ銀行まではほんの10秒程でしたが、銀行の閉まる20分前に到着したので、少々焦りました。送金フォームに記入し店内で待っていると、結構込み合っていました。

ウエスタンユニオンが現在利用できないので、マネーグラムを利用する人が増えたせいかな?と勝手に一人想像して、お客さんウォッチングを楽しんでおりました。^^

ブラジルの銀行なだけあって、ブラジル人のお客さんも多かったです。
あまり聞きなれないポルトガルのマペットTV番組?!が付いていたりして、ちょっと面白かったです。

自分の番が来た時は、窓口の方は日系人らしく、流暢な日本語ですが、どことなくたどたどしい感じでした。

国際色豊かな小さな(店舗がね)ブラジルの銀行が日本のど真中にあり、そこでナイジェリアの家族に送金している自分を冷静に考えて、ちょっと楽しい気分になりました。

でも実際、送金手数料はちょっと高いですね。
10ミニッツサービスだから仕方ないのかなぁ〜。

仕方ないと割り切って、主人に電話で照会番号を伝え、自分の作った質問と回答を伝えました。

数時間後、United Bank of Africa の支店でお金を受取ろうと思った主人から電話で、まだ届いてないと言うのです。

10ミニッツサービスなのに!!ガックシバッド(下向き矢印)です。

それで、イタウ銀行に問合せると、国と、受取ろうとするお店によっては受け取りまでに少し時間が掛かる場合があるとの事でした。

10ミニッツサービスなのに!!!
手数料高いのに!!!(全然仕方なくないんでないかい!)

送金したお金の状況を知りたければ、アメリカのカスタマーサービスに問合せをして下さいと言われ、トールフリーの番号を教わりましたので、電話をしてみるとずっと話中でした。

結局、問合せは諦めて、もう一度主人に事情を説明して、朝一番で銀行に行った主人へ『午後になってからもう一度、銀行で受け取り手続きをしてみたら?』と普通のアドバイスをして電話を切りました。

更に数時間後、ナイジェリアの午後1時頃『無事にお金を受取ったぜぃ〜』と主人から連絡がありホッと一安心です。

お父さんの手術が上手く行くと良いです。
ちっちゃい私の苦労が報われるまする。



posted by 夫はチョコレート at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ラブコール

0時を過ぎた頃、主人から『miss u call黒ハート』が来ました。

またしても、ちょうど主人の事を考えていた時で、しかもそろそろ電話をしようと思い、数日前に国際電話カードを用意していました。それで、ちょうど電話をしようと思っていた所でした。

話は飛びますが、昔、父と母が同じ食材を同じ日に別のスーパーで買って来ていたのを思い出します。

夫婦のテレパシー?!ですな。^^

私達も夫婦の『テレパシーが生きる』夫婦になりたいと、私は思っています。上手く説明出来ませんが、なんと言うか、みなまで言わなくても分かっちゃうとか、痒い所に手手(パー)が届く的な・・・。^^;

いつもは主に『報、連、相』的な会話です。
やっぱりどうしてもそうなっちゃいます。

お互いを埋めるには、何が有ったか、どうしているか、生活、仕事、家族はどうかなど、知りたい事を聞くので、ちょっと事務的です。しかも本気モードで話始めると、お互いに積もる話が沢山あってキリがないですが、先週はいつもの会話とは違って、なんだかラブラブハートたち(複数ハート)トークで幸せ気分でしたるんるん

恋人同士の時の様なスィートな会話でキュンキュン来ちゃいました揺れるハート
『あ〜、なんかやっぱりこの人が好きだなぁ』と思ったのでした。

現実を見ると、スィートな会話をしている場合ではないけれど、でも時にはこういうのアリだなぁ〜と。^^
なんだかとってもLOVEに満たされた気分で、しばらく心がポカポカしていました。
posted by 夫はチョコレート at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

ナイジェリア記事F

ちょっとかなり久々に、ナイジェリア関連の記事を拾ってみました。
興味のある記事が有りましたら、読んでみて下さい。

☆ナイジェリア 最終予選初勝利、W杯予選
http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2609343/4241480

☆「媚薬」が大人気、男も女も買い求める事情とは ナイジェリア
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2611915/4253845

☆ナイジェリアでイスラム過激派と治安部隊が衝突、150人以上死亡か
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2625660/4404175

☆フランス ナイジェリアに敗れる、親善試合
http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2608171/4222953

☆皮製品の需要急増でワニやニシキヘビが絶滅の危機、ナイジェリア
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2601357/4135275

☆イスラム原理主義組織の指導者を射殺、ナイジェリア
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2626319/4410378

☆アフリカの才能を世界へ、アライズ・アフリカ・ファッション・アワード授賞式
http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2614382/4295117

☆石油大手シェル、ナイジェリア人活動家らの遺族と15億円で和解
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2610275/4249854

☆チュニジア対ナイジェリアはスコアレスドロー、W杯予選
http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2613331/4288722

☆民主化求める声アフリカ席巻、オバマ大統領演説効果
http://www.afpbb.com/article/politics/2621160/4358632

☆外国企業に収奪されるアフリカの土地、新たな被支配の構図
http://www.afpbb.com/article/economy/2623259/4382668

☆ナイジェリアで子どもの誘拐・殺害が急増、「体の一部をお守りにするため」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2618963/4338678

☆イスラム原理主義組織の指導者を射殺、ナイジェリア
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2626319/4410378

☆未婚男性は首に縄、ナイジェリア伝統の祭り「独身男狩り」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2642080/4582037

☆サッカーと「呪術」の根深い関係、ケニア
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2616502/4297313
*黒魔術の話は主人から時々聞いていました。こういう事を一蹴して『迷信』と言う人もいますが、昔から言い伝わっている事には何かしら意味があるのではなかろうか?と思ってしまう性質なので、嘘とも思えず・・・。ナイジェリアに行ったら自分の目で確認&体験したいと思います。(黒魔術ってダメなヤツですけど、そっち方面じゃなくて、シャーマンに会ってみるとかそういうのです。)




posted by 夫はチョコレート at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ナイジェリアの作家

もう随分と前の事なのですが、CNNのインサイドアフリカという番組でナイジェリア人女性作家のアディーチェさんを取上げていました。その特集を見て、私も彼女の本を読んでみたくなりました。

『パープルハイビスカス』の著者で、若くしてオレンジ賞も受賞した実力派の作家で、ヨーロッパでも有名なんだそうです。

ラゴスに住んでいる主人に電話をして『彼女の本を本屋で探して送って?』と頼んだので、しばらくしてから主人から電話が有りました。

『本見つけたよ!何か面白そうだから、先に読んでいい?』と言うので、いいよと言ったのですが、主人が本を最後まで読みきった姿を一度も見た事がないので、ちょっと心配です。^^;

私の手元に来る頃にはボロッボロになっていそうな・・・イヤな予感。

私は、本を大切に扱わない人が大嫌いで、本のページを折ったりするのは論外で、開きグセが付くのもイヤなんです。

昔から本を大切にして来たので、主人が無造作に本をカバンに放り込む姿を想像すると、ちょっとゾッとします。
他の事はそう神経質にもならないのですが、本だけは何故かダメなんです。自分でも不思議なんですが。^^;

勿論、全部英語で書かれているので、どの位読めて理解出来るかは分かりませんが、ナイジェリア人の夫と結婚したからこそ、ナイジェリアという国や文化に興味を持てたので、本が届いたら頑張って最後まで読みきりたいと思っています。

ビアフラ戦争についても書かれていると、確かインタビューで言っていたと思います。よく耳にするビアフラ戦争ですが、この戦争についても、深くは理解していないので、知るいい機会となりそうです。

ボロッボロになる前に私の元に届く事を祈り合掌。
posted by 夫はチョコレート at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

限りなく100%に近い確率で・・・

伯母のお葬式に出席する為に鎌倉に行ったのは今年の4月。

その時にコンビニで見覚えのある黒人さんに会ったんですが、一瞬自分の知り合いかと勘違いして思わず『ハロー!』と声を掛けそうになりました。

まぁ瞬時に知り合いじゃないと分かったんで、声は掛けなかったのですが、さて誰なのか・・・?
確かに知ってる顔なのだがどこで会った人なのか・・・?有名人か・・・?

ずっーと気になっていましたが最近、ようやく、きっとあの人だ!という人に行き着きました。

やっぱりハリウッドスターです。^^

実際に会った訳でも友達でもなくて、彼の出演していた映画を見ただけだったんですね。
一瞬My脳が勝手に知り合いと判断した訳ですが、どうかしてますよね。^^;

コンビニで遭遇した黒人さんの顔を何度も何度も頭の中でリプレイしてみた結果、最終的にオーランドジョーンズ氏に行き着きました。限りなく100%に近い確率で、きっと本人だと思うのですが・・・。

『ねぇねぇ、鎌倉のコンビニにいたでしょ?^^』と本人に聞けたらいいのにぃ。^^;

ちなみに、オーランドジョーンズ氏って皆さん知ってます?
昔『マッドTV』やあと映画『ダブルテイク』に出ていたあの俳優さんなんですけど。

『コンビニでハリウッドスターのオーランドジョーンズ氏に遭遇しちゃったヨ!』って主人に自慢しよ〜っ。手(チョキ)
(他人の空似って可能性もあるけど・・・あせあせ(飛び散る汗)


posted by 夫はチョコレート at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

夢で遭ったら☆

急にとってもとっても主人が恋しくなって夜中の1時半頃(日本時間)眠い目をこすりながらナイジェリアの主人に電話しました。実は主人に電話する前に、カナダの友人に『Happy Birthday』コールをしたら、主人の話が出たせいで連鎖反応しました。

とにかく電話をしたら主人ったら開口一番、超カワイらすぃぴかぴか(新しい)事言うんですの。揺れるハート
↓ある夫婦の深夜の会話。

『一昨日の僕の夢に、君が出て来たョ。』

『うっそー。目私もあなたの夢をみたのヨ。それであなたのはどんな夢だったの?』

『友人達と一緒にバーベキューに行った時に君が着ていた服を覚えている?あの僕の好きな服を着た君がナイジェリアに来て、僕達再会したんだ!』

『へーそうなの。もちろんバーベキューに行ったのは覚えてるけど、あの時に自分が何を着ていたかは覚えてないヨ。』

『覚えてないの?じゃあの時の写真見てョ。』

『写真は自分がナイジェリアに持って行っちゃったじゃない。』

『あっ、そっか。』

『それで、私何を着ていたの?』

『何を着ていたかは今はいいけど、とにかく僕好みの服だったんだ。』

『OK。それで?目の前に私が現れてあなたはどう思ったの?』

『心の中でYes!これでこそマイガールだ!と思った。』

『で、ニヤニヤしながら笑ったんでしょ?』

『笑ったんじゃなくてスマイルね。したヨ。で、ちょっとデレデレした。』

『あはは〜。スマイルって例のアノ?フフ〜ってヤツでしょ。私の好きなフフ〜ってヤツねるんるん

私達2人して、真夜中に大笑いしました。
だけど正直言って、ニヤニヤ、デレデレしている主人を思い浮かべるのは楽しかった!!

ちなみに私も主人に再会した夢を見たんですが、私の場合は夢の詳細を覚えてなくて残念。^^;
夫婦揃って『再会』の夢を見るなんて縁起が良いのか悪いのか。。。
これこそ神のみぞ知るですネ。

だけどリアルに本当に再会した時を想像すると、ニヤニヤ〜デレデレ〜を通り越して大爆笑しそうです。あせあせ(飛び散る汗)
ロマンチックに再会可能な時期はとっくに通り越してるし、笑い上戸な夫婦に残された道は、照れ隠しの大爆笑のような。。。^^;(私達らしいですけど。)

どっちにしても早くその日が来ると良いナー。


posted by 夫はチョコレート at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

マイケルジャクソンが亡くなった日

その日の朝のネットニュースで知り、あまりにもビックリしたので主人に電話をしたら、ラゴスは深夜の2時近くだったというのに、彼もまだ起きていてCNNを見ていました。

『世界中が悲しんでるけど、特にアメリカにとっては辛い日になったね』と主人。

なんか大人ななコメント。
いったい何目線なの?まぁ確かにそうですけど。^^;

マイケルはやっぱりスーパースターだったなと実感です。
有名な世界中のビッグネームのアーティスト達が憧れる存在だし、まさにキングオブポップ(ス)でしたね。

色々とスキャンダルも多かったけど、それもスーパースターたる所以(ゆえん)。

最近じゃラジオから、じゃんじゃん彼の曲が流れてくる。。。
『フォーーーーーーーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)』っていう雄叫びも益々尊いものに思えて来ました?!

そして日々喪失感が募って来る気がします。

私が唯一買ったマイケルジャクソンのCDと言えば『ジャクソン5』。
モータウンの全盛期、私が唯一好きだった頃。


ご冥福をお祈りいたします。


posted by 夫はチョコレート at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

何故か再び私の愛を語る夫

最近、私の主人への愛を疑う発言が増えている夫に苦笑のチョコレートです。ーー;

こう何年も状況が不安定だとやっぱり心が病むんですヨ。

健全な夫婦の関係をKEEPするには、離れ離れになんか絶対になっちゃダメだとつくづく思います。
きっと彼も骨身に沁みてるはずです。

しかし正直、なんでまた(再)?と思います。
『This is ture. You lost the love for me.』とまた同じ事を言ってます。

私の何が彼にそう思わせるのでしょうか。。。
良く分かりません。。。ーー;

だけどもし、本当に夫がそう感じているのだとしたら、私の何かがそう感じさせているのだろうから、真剣に考えてみる必要がアリそです。

『そんな事ないよ〜。大、大、大ちゅきだヨ〜黒ハート』と言ってあげれば良いのでしょうか。


posted by 夫はチョコレート at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

横浜入管より回答

先日問合せていた件について、昨夜電話を頂いきました!

夜の9時近くにかかって来たところを見ると、日中の通常業務に加え、引越しの残務整理などで忙しかったのでしょう。

遅くまでご苦労様です。m(u u)m

主人の申請書類の件で外務省に問合せをして下さったのですが、外務省からの返事が『調査中』とだけだったらしく、とても申し訳なさそうに電話をくれました。

内容については教えられないし答えられないとの事だそうで、結局は待つしかないとの事でした。

ある意味想像通りの回答でしたが、これで納得する事は至難の業です。
外務省と私の板ばさみ状態な入管職員さんも大変です。

でもこれ以上文句を言っても仕方が無いので分かりましたと言って電話を切ったのですが、この分だとまだまだ時間が掛りそうです。

何についてそんなに調査が必要なのか、どうしてそんなに時間が掛るのかは全く分かりません。

お役所仕事ってこれで通るんですねぇ〜。羨ましい気さえして来ます。
改善して行こうっていう前向きな気持ちにならないのでしょうか。

だってどう考えても時間掛り過ぎでしょ?

posted by 夫はチョコレート at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。