2010年12月06日

夫が…

1年の中で一番しんどい季節を迎え、11月末からひきこもっておりました。
この時期、前向きな気持ちを維持するのがホントしんどい。

やる事が多すぎて憂鬱になっちゃうのです。
そして、その憂鬱な気分がやる気を無くす、俗に言うところの「負のスパイラル」になってしまうのです。

夫が居たら、イライラパンチを当り散らしていたかもと思うと、怖いですね。
この時期はヤバイんです。

約1週間、それなりにダラダラ過ごして、ようやくリセット出来たので明日というか今日から、また活動再開したいと思います。
(10、11月と色々有り過ぎた結果 → 反動が大き過ぎたナ〜。)

今年もホントにアッという間でした。

昨日、夫と電話で話したんですが、なんと予定より早く帰って来るというじゃありませんかexclamation
しかも1週間も早く帰って来るというんですヨexclamation×2

んもぉーちょっとマジ焦るんですケド…。あせあせ(飛び散る汗)

という事で、今日から約1週間は嵐の様な1週間台風になる事決定です。
仕事に家事に、そしてその他の年末年始の諸々な用事に向けて、サクサク仕事をこなさないと絶対にマズイ感じです。目;(汗)

posted by 夫はチョコレート at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

夫再びナイジェリアへ

やっと日本に戻って来たというのに、また夫がナイジェリアへ行く事になりました。
いや、昨日ナイジェリアへ旅立ちました。。。

台風の影響で雨風が強く、駅まで送りましたが「飛行機飛ぶかのかなぁ〜?」と心配でした。^^;

夫が今までもの凄ーーーくお金と時間と、労力を費やして来たある事が今ようやく一つの形になりそうで、人生において最も重大な転換期を迎えています。夢が現実になる・・・ところだと思います。

それで、急遽ナイジェリアに一度戻って仕切り直し、ガツンと思いっきり夢に向けて全力疾走する為に、基礎をセッティングしに行きました。
私は日本で諸々の事が上手く行く様にガンバレ〜!!と祈っているだけです。今回の滞在は1〜2ヶ月になりそう。
「クリスマス前には戻って来るから!」と言っていましたが、さてどうなることやら。^^;

夫が居ないと家がスースーして寂しいです。でも、ちょっと一息付けて気が楽です。
昔々「亭主元気で留守がいい」ってCMやってましたけど、そんな感じですね。

ようやく終わった夏にまた逆戻りな夫ですが、先日一緒にドラッグストアーで色々な必需品を買い揃え、更に実家や兄弟達へのお土産をたーくさん買ったので、カバンパンパンにして行きました。私にもカバンパンパンになる程お土産買って来てくれるかな?

posted by 夫はチョコレート at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ナイジェリアの記事F

ここのところずっと、おサボリしていたナイジェリア関連の記事のピックアップですが、今日はズバリ、ナイジェリアの記事です。

先日国連(UN)の会合に出席していたグッドラックジョナサン大統領の写真も載っています。^^

明日、10月1日はナイジェリアの50回目の独立記念日で盛大にお祝いされるみたいですネ。
記事を読むと、ナイジェリアの現状がとても良く分かります。


☆独立50周年のナイジェリアが迎える「ターニングポイント」
http://www.afpbb.com/article/politics/2762268/6263355?blog=seesaa


数日前には、ナイジャデルタでスクールバスジャックが有りましたが、大国で、ミネラル資源も豊富なこの国の『負=影』の部分が発展を遅らせ、人々を苦しめているのですね・・・。

これからその『負=影』が、どう変わっていくのか、どちらにしても来年1月がキーポイントになる事は間違いなしです!

私も一人のナイジェリアンの妻として、主人の国の行く方向を見守りたいと思います。



posted by 夫はチョコレート at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

ダメ夫チェックを試して思ったこと

あるサイトで「ダメ夫チェック」というのが有りましたので、ちょっと夫に対して後ろめたい気持ちはしたものの、こっそり試してみる事にしました。

興味のある方はどうぞ。↓ ↓ ↓
http://www.girlsmedia.jp/archives/2010/02/post_334.php

*ダメ夫チェック1が終わり、「次の記事」をクリックすると2&3まで見られます。

私が一番に感じた事は「ウチの旦那さんって、結構ちゃんとしている?」という事です。
完璧じゃ有りませんけど・・・でもそれは私も同じ事です。

他人の旦那様の家庭での様子を今まであまり聞いた事が無いので、良く分からないですが「ダメ夫」というのは、基本的にだらしがない夫、子供の様に手が掛る夫という事なのですね。もちろんギャンプルや浮気、子育て放棄のダメ夫というのもいると思いますが・・・。

夫の場合、テレビの付けっぱなしや、外出する時の窓閉め忘れ、忘れ物とかはたまに有りますがどれも許容範囲です。そして言えば大概の事は何でもやってくれます。時々言わなくてもやってくれる事があり、そんな時はかなり感激します。 ^^♪ルンルン

でも以前はそうでは無かったです。自分の事で精一杯って感じでしたし、私への気遣いは殆ど無かった様な・・・。
頼んだ事も面倒臭がっていましたし、たまに逆切れ?!なんて事も有りましたね。

でも人って変われるんですヨ!
だからもしお宅の旦那様が今ダメ夫だとしても諦めないで欲しいですネ。夫への愛のムチも時には必要です。ダメ夫を作っているのは実は妻の側だったりして?!と私は思っています。実際、以前のダメ夫を作ったのは私だと自負しています。言いたい事が有っても言わなかったり、喧嘩になるのがイヤで我慢して、結果それがダメだったんだなぁ〜と反省しています。

今は私自身が変わったので夫も変わりました。(だと思います。)せっかく神様から頂いたリセットのチャンス、同じ事を繰り返したらアホです。^^;

「ダメ夫チェック」での該当も数個のみ。喧嘩回避もお互い出来る様になりましたし、有っても仲直りまでの時間が早くなりました。一番の変化は喧嘩の後2人が落着いた頃にちゃんと話合う様になった事です。夫もちゃんと応じてくれるので、何が原因で喧嘩になったのか良く分かる様になりました。喧嘩中に言葉の壁が有ったとしてもセカンドチャンスが有れば大抵の誤解は解消出来ます。

ここまで辿り着くのに時間は掛かりましたけど、努力は必要ですね。
お陰様で喧嘩の回数が減ってストレスも減りました。^^

最後に一言。「ダメ夫チェック」をするに当たって、夫に後ろめたい気持ちがしたのは、もし夫も同じように私を「ダメ妻チェック」していたらと思うと、ぐぐぐ〜な気持ちになったからです。お互い様ですからネ〜。^^;

posted by 夫はチョコレート at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

理想の夫婦像

今までの私達は、夫婦間だけの問題が殆どでしたが、歳を重ねるにつけ、お互いの家族を含めた自分達以外の家族の問題で頭を悩ます事も増えて来ましたし、もう社会的にも責任を持つべき歳なので、これから益々増えるであろう親戚関係の行事にも胸を張って出席出来る様にならないとダメだという想いが有ります。

そして、自分達の地域とも絡むイベントだったり、活動にも関係してくる歳にもなりました。そういうイベントなどにも積極的に2人で参加して、社会とも深く繋がる事が出来れば、地域にも受け入れられ、また尊敬され、それが自信に繋がり仕事もプライベートも充実出来るというモノではないかしら?と憧れます。繋がりを広げれば、煩わしい事が増える事もあるかも知れませんが、そんな時でもスマートに対処出来るカッコイイ夫婦になりたいのです。^^

私にとっての一番身近なお手本は、やはり私の両親ですが、とても尊敬しお手本にしたいと思っている面、こういう風にはなってはダメという反面教師でも有ります。。。それでも半世紀近く夫婦を続けて来た両親には頭が下がります。

夫が黒人だと、ただでさえ偏見の目で見られる事もあるのですから、地域の皆さんに暖かく受け入れて貰えて、そして愛して貰える様な努力が私達にも必要なんです。ですが、そういう夫婦になれたら最高に幸せだと思います!^^

posted by 夫はチョコレート at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

祭☆フェスティバル

「夏」といえば・・・

色々と有ると思いますが、私にとっての今年の「夏」は間違いなく『お祭ぴかぴか(新しい)』です。

今まであまり関心を持っておらず、参加もした事が無かったので、あまり知らなかったのですが、私の地元には大人が楽しめるお祭が多いんです。今年の夏は、夫や家族と一緒に地元の夏祭に参加してます。^^

先々週の週末、阿波踊りの祭に夫と行って来ました。
凄い人出でした。道路を封鎖して、何組もの阿波踊りチームが4時間踊りっぱなしでした。
各チーム色が違って見ていて楽しいし、出店もアチコチに沢山出てました。^^

100808_1953~0001.jpg 100808_1930~0001.jpg

100808_1941~0001.jpg 100808_1939~0001.jpg 100808_2004~0001.jpg

そして先週末はJazz&美味しいFoodのフェスティバルが有り、地元のレストランやホテルのレストランなど多数が出店していまして、普段なかなか手の出せないお店の味もワンコイン500円程度で楽しめます。
地元FMのDJが進行役を務めていたんだろうと思いますが、Jazzバンドも多数出演し、Jazzyなライティング効果で、大人のムード満点でした!

『いゃ〜、思っていた以上に楽しいじゃん!』と正直思いました。^^;
大人が楽しめるお祭が、こんなに近くに有ったなんて・・・!!

今週末、ちなみに明日の夜は大花火大会です。^^
こちらは去年に引き続き2度目なのですが、楽しんで来ます!

2010の暑い夏にピッタリのお祭フィーバー。
大の大人の本気を感じて、こちらも熱くなりました。

posted by 夫はチョコレート at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

再入国許可のマルチプル

再入国許可証には2種類(シングルとマルチプル)が有ります。
シングルは一回限りの出入国が可能なのに対して、マルチプルは期間中なら何度でも出入国が可能です。

これは何の為?と思うかも知れませんが、本来、外国人には日本に留まる在留資格が必要で、その在留資格が日本に滞在する根拠となるのですが、一旦日本の外へ出てしまうと在留資格は消滅し、その都度査証(ビザ)を取得しなくてはなりません。

普段私達が使っている言葉『ビザ』というのは、実は@査証(ビザ)とA在留資格という2つの言葉が合体したものなんですね。
ちなみに査証(ビザ)というのは、外務省管轄で、在留資格は法務省の管轄です。
実は外務省発行の査証(ビザ)は日本に入国する為のチケットみたいなものなのですが、査証(ビザ)が有れば必ず入国出来るという訳ではないんです。そして査証(ビザ)は上陸した時点で効力が無くなり、その後、法務省入国管理局管轄の入国審査で在留資格が与えられる訳ですね。

日本に在留する外国人で、在留資格満了日前までに再び入国する意思を持って出国する外国人の場合は、日本への再入国許可証を申請しておく必要が有ります。でないとその都度、出入国の度に在留資格証明をして、査証(ビザ)を取得する手続きが必要になります。

夫がナイジェリアへ帰郷した3年半前は、この再入国許可証(シングル)を取得してから出国したにも係わらず、期間内に戻る事が出来なかった為に、在留資格証明申請→大使館でビザ発行→入国審査となった訳です・・・長〜い道のりでした。

先日、主人が『入管に行って来る。』というので、『何しに良くの?』と聞くと、『マルチプル申請して来る。』と言うので、『場所分かる?』と聞くと、『横浜関内でしょ?』と言うので、『あの、場所変わったんです。鳥浜です。遠いです。』と言って行き方を教えて送り出したのですが、色々な意味でちょっぴり心配しておりました。

『無事にマルチ貰えたよ〜』と言って電話をくれて、山の様にアイスを買って帰って来た主人と、マルチゲッツ!のプチセレブレイションをしたのですが、私が何よりも嬉しかったのは、実はこの期間中は上陸拒否が外れていた事です。過去のバットレコードのせいで夫には上陸拒否が付いているのですが・・・。

*上陸拒否自体はずっと消えないと聞きましたが、再入国許可証の交付を受けた期間については外れるという事なんですね。良かったです。これで入国時にヤキモキする心配は無くなります。^^

『これって・・・私のビクトリーだよ!』と主人に言うと、『僕もそう思うよ。』と言ってくれました。すっごい不自然な角度で横道に反れていた夫のレールを軌道修正する為に今まで努力し続けて来た私の『Victory!』です。もの凄く時間は掛かりましたけど、やっと、本当にやっと、夫の人生のレールが緩やかなカーブを描いて元の位置に戻って来た気がしました。

話は変わりますが、主人は入管で、エンターテイメントをして来た様です。^^;
(許可された)マルチプルの申請手数料6,000円が高いとジョークを言って、職員を笑わせて来たと言っていました。ちなみにシングルの申請手数料は3,000円です。

職員さんも申請時に『良かったですね、今はもうマルチプル大丈夫ですよ。』と声を掛けて下さったみたいなので、人間同士ですから、こういう心の通うちょっとした事があると、殺伐とした事務的な感じが少し和らぐなぁと、話を聞きながら思っていました。^^
しかし入管でジョークを言って職員さんを笑わせる外国人は夫位じゃないのかと時々冷や冷やします・・・。実は、入国審査の時も真面目な場面でジョークを言って係官をドギマギさせた様です。度胸があると言うのか、KYと言うのか、はたまた心にゆとりがあると言うのか・・・。(苦笑)
問題を抱えていると、冗談とか言える気分じゃないのが普通なんですけどね。^^;

このブログを読んで下さっている方の中には、我が家と似た様な状況の方もいるのではないかと思われます。過去にそうだった方や、今まさにそうで日々悩みが尽きない方などなど。皆さんそれぞれパートナーの事情は違うと思いますので、一概に言えませんが、少なからず経験した者として今私が言える事が一つ有ります。それは、たとえ時間が掛ったとしても自分の信じた事が現実になる喜びをいつか2人で味わえると信じて(そう信じたいと思えるパートナーならば)現在の困難に立ち向かって欲しいという事です。必ず2人で協力し合えば乗り越えられます!信じて一歩ずつ進んで行きましょう!!

posted by 夫はチョコレート at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

誕生日

先日、また一つ歳を取りました。
もうすっかり誕生日が「おめでたくはない」お年頃ですが、主人と一緒にお祝い出来ました。←3年振りですぅ〜!!
(今年のイベントは全部そうですが・・・)

たまには外食しようという事で出掛けました。
『食後に花火をしよう』という事になり、花火も買いました。

お財布スッカスカの夫の為に、お金を掛けなくてもスペシャルな思い出になる様に、これナイスなアイデアです!

というワケで、ディナーの後、花火をしたんです。
何年振りだろう?5年振り、イヤもっと、10年振り位かなぁ?

どちらにしても夫と花火をしたのは初☆でした。
久しぶりで童心に帰って、とっても楽しかったです。^^

大人になるに連れ忘れてしまっていた、こういうチープでもバッチリ記憶に残るお祝いもいいもんだなぁと思いました。お金を掛けないでも記念日をスペシャルにする方法は色々と有るもんですね♪


posted by 夫はチョコレート at 11:16| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

頭がシャープになった訳!

夫が、私の頭をコツコツしながら、フフフ〜と笑います。
そして愛おしそうにハグしながら『凄いねぇ頭シャープだねぇ〜』と言います。
ノロケ話に聞こえても多少多目に聞いて下さいね。^^;
3年離れていたもんで〜アハハ。でも実はノロケ話じゃないんですヨ。

これは何かと言いますと、私が夫の為にしてあげた事を振り返って、一人有り難〜く思ったんですね。
(私にとっても主人にとってもパソコンの未知なる分野開拓!みたいな事だったもので)

夫は、日本語読めないを理由に私に色々と用事を頼むので、私はどんどん逞しくなります。いや、ならざるを得ないです。

まぁそれがイヤだというワケではないんですが、私自身の成長の為に夫の存在は欠かせない?!という構図である事を改めて思い知らせれて・・・だから必然的にこの人と結婚したのかなぁーと感じる今日この頃です。^^;

今まで知らなかった事、気付かなかった事、出来なかった事も、夫のリクエストのお陰で知ったり、出来る様になったりして、結果的には、色々とスキルアップになっている事は多々有ります。でも大体痛みを伴うので、あれこれともがき苦しみながら取り組んでいるうちに出来る様になっている・・・結果的にレベルアップして自信に繋がるっていうという感じです。

先程の『凄いねぇ頭シャープ!』に対して私は、自分のダークな面を出しつつ『そんなにシャープになりたくないんだけどね、全部あなたのお陰よ(チクッ)』と冗談交じりに返しました。すると一瞬意味をよーく考えてから『ん〜そうですねぇ〜』と照れくさそうに笑う夫なのです。(一応自覚はしている様です)^^;

忙しい時にアレやって、コレやってと言われれば、確かに文句も言いたくなりますが、それでも以前の私なら夫の要求にうんざりしていた様な事でも、今ではサクッと『ハイよ〜』と受止められます。夫婦生活が3年間分断されていたからこそ、はっきり実感出来る事なのですが、夫婦というのは、やっぱりこういう事の積み重ねで、共に人間が豊かになり、判断の難しい色々な経験を通して、精神的に鍛えられ、更に人間が大きくなるものなんですね。

国際結婚じゃなくても、旦那様がナイジェリア人でなくても、大なり小なりどのご家庭でもある事ですが、それでも国際結婚は人より苦労が多いのも事実です。だけどコレも自分に与えられた使命だよ!よっしゃ次来いや!と思える度量というのが持てれば全部が苦にはならないはずです。^^
まぁでも仮に自分に取ってもの凄く『苦』だったとしても昔の人は良く言ったものです。『苦労は買ってでもしろ』→自分で苦しんだ分は、自分の血となり肉となり、財産になるんですね。経験が豊富な方が人生楽しいです!

posted by 夫はチョコレート at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

改善?!

今日はショボショボ眠い目をこすりながらのブログです。

先日の『頑張って話し合ってみます!』の続きです。
あれから素直に自分の気持ちを話してみました。

でもお互いの気持ちを尊重しながら話し合ったので、喧嘩にも、言い争いにも今回はなりませんでした。
『あ〜、これなんだなー。良い夫婦ってのはこーでなくちゃダメだな〜』ってすっごく思いました。

お互いのマイナス面が話し合いのトピックでも、喧嘩腰じゃなく話し合えるのは、今まであまり無かった気がします。私が負けず嫌いで、夫も短気なので、すぐ喧嘩になっちゃってました。しかも不満点をただただ相手のせいにし合って自分の悪い所を素直に受止められず・・・。

素直に自分の気持ちを伝える、そして聞く事は、時々とっても難しい事です。
でも、そうするべきですねぇ〜。(実感!)^^ ↓↓↓ダッテ

話し合いの次の日とその次の日の夕食のお皿は主人が洗ってくれました。♪
それに忙しかったある日、ご飯を炊いておいてくれました。♪♪
洗濯物を取り込んで、たたんでおいてくれました。♪♪♪
車の室内清掃も手伝ってくれて、洗車後のワイプ(拭き)も全部やってくれました。♪♪♪♪

も〜感激です!^0^

1回でも2回でも夫が手伝ってくれる回数が増えるだけで、私はものーーー凄く嬉しいです。
だからもぅ『わ〜有難う!』を連発して嬉しさアピールしまくっちゃいました。^^;

夫を褒めて伸ばす。。。喧嘩するよりお互いに気持ちがいいし、感謝されて嫌な気持ちがする人はいませんから。
私が嬉しがると夫も恥かしそうな、でもまんざらでも無さそうな顔します。^^

やっぱり男なんですかねぇ。
頼られるとうっかり嬉しくなっちゃうんです!

結局のところ、自分でやった方が早い、綺麗、上手く行く事が多いのですが、これではダメですね。この考え方は夫をもっとダメにします。自立心の強い夫ならば問題ないのでしょうが、そうでない夫に初めからそうやって接しますと、本当にダメ夫にしてしまう危険性大ですね。

頼って、喜んで、感謝して、夫の価値をもっと色々な方面に広げてあげるのも大切な妻の役目なのだなぁと思ったりして・・・。
頼られる事で夫のスキルもメンタル面も向上すると思うんです。
ウチの場合は喧嘩を避ける意味も含めて、工夫や知恵を使ったトラブル回避&夫のやる気向上の術が必要です。^^;

それから私の『頼ること』の練習にもなっている・・・カナ?
正直言うと、私は夫に何かを頼るのがとっても下手っぴ&苦手です。
だけど夫婦間で『頼る』って事は信頼関係の構築にも繋がるんですよね〜。
そうなら益々我が家には大事です。

あぁ日々勉強になる事多し!デス。
色々な意味で、賢い素敵奥サンになりたいものです♪

実際、夫の手伝いの回数は増えてはいるものの、数日後からまた甘えが出ています。
でもまぁ、初めから100%の完璧はこちらも期待していないので、ジワジワとお手伝い度数上がれば結果的には大満足って感じです!



posted by 夫はチョコレート at 02:36| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

文句を言われる前に・・・。

ここ数週間、忙しさと暑さのせいで、お掃除に取り掛かる気になれず。することリストの上の方にいつも『掃除』の文字が・・・。^^;

でも、どーしてもやりたくない気分の時も有りますよね???

そんなズボラな嫁にも、何も文句を言わない夫ですが、彼は元々綺麗好きなので、そろそろ限界だろうなぁ〜と内心思っておりました。

このままでは、さすがに文句言われそうなので、それでよーやく重い腰を上げたのです。

勿論、私も家は清潔&綺麗な方がいい・・・当たり前ですが。

気になっていたキッチン回りの油のギトギト、それから電子レンジ、床の黒ずみ、冷蔵庫内の掃除など、普段腰が重くなる場所の掃除を頑張りました。

やる事やっとかないと、何か言われた時にこっちも文句言い返せないですからね。^^;

しかし、たまーーーに気が向いた時にはお風呂掃除や掃除機がけ、アイロンがけ、洗い物なんかも手伝ってくれる夫ですが、でも本当にたまにしか手伝ってくれないんですパンチ

洗い物も、毎回食べたら食器はシンクの中に置きっ放しです。

皆さんにお聞きしたい!
ご主人は家事手伝ってくれます?

全然手伝ってくれないよりは、少しでも手伝ってくれる方が有り難いですが、でも自分の事しかしてない夫にイラッむかっ(怒り)と来る事も最近増えました。

私は自分の仕事をして、家事をして、夫の手伝いをして・・・一人で何役もこなしている訳ですから。ウチは子供はいないので、母親業は入っていませんが、外国人の夫の面倒をみるのと、子供の面倒をみるのはそう違わない気がしますね。^^;

でも。。。

こんな状況が長く続くはずはない。
夫婦の片一方がストレスを感じているのですから、こういう場合は話し合いをしないとダメですね。

まずは、素直な今の気持ちを伝えてみます。私がどう思っているかを知ったら、もっと積極的にお手伝いをしてくれるかも知れないですね。すぐに100%私が望んでいる様には変わらなくても、お手伝いの回数が増えれば助かるのですから。

頑張って話し合ってみます。^^





posted by 夫はチョコレート at 00:38| Comment(3) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

日曜日の散歩。

あまりに蒸し暑いので、何もしたくなく、ダラ〜としていたい気持ちだった日曜日の午後なのですが、夫が散歩に行こうと言うので出掛ける事にしました。

サクッと近場で済ませる事も出来たのですが、どうせなら大きい公園の中を歩いた方が楽しいかもという事で、車で30分かけて市営の公園に行きました。

先週、蛍のいる公園のことを書いたのですが、そこは自然保護区みたいな作りの公園でして、昨日の所はまた全然違います。

私の犬がまだ元気だった頃は、よく散歩に来ていた思い出の公園なのですが、夫と来たのは初めてでした。結構広いので、ぐるっと歩いて回るだけでもかなり掛かります。

森の中にトレッキングコースやフィールドアスレチックが有ったり、芝生や普通の広場も広々していますし、この時期は色々な種類の紫陽花が咲いているので、家族で楽しめます。^^
100627_1735~0001.jpg 100627_1706~0002.jpg 100627_1758~0002.jpg 

紫陽花って本当に色んな種類が有りますよね。

右は、一つ一つの額は小さいのですが、全体的に見るとバレーボール位の大きさがあります。
中央のは、額の淵が丸まっている感じで、今一番好きなものです。
左は、長細い感じで最近よくお花屋さんでも見かけます。


ちびっこに大人気のミニミニ動物園も有ったりします。

100627_1701~0002.jpg 100627_1659~0001.jpg

帰り際、孔雀がそれまで閉じていた尾を広げ私達に見せてくれました。

すると『孔雀はね、1時間に1回位、尾を広げるんだよ』と孔雀トリビアを披露した夫。ホントかどうは不明ですが・・・そうらしいです。^^;

それから、この時期楽しみなのがパインコーン拾い。公園にはメタセコイア並木があるので、私はいつもパインコーン集めを楽しんでいます。

100628_1938~0002.jpg

可愛いいなぁ〜☆
クリスマス頃にクラフトしよっと。^^


と、そんなこんなで動物やお花の写真を撮りながら、約2時間散歩をしていい汗流しました。『少しは痩せたか?!』と思いつつ、帰りにコンビにでアイスを買う事に・・・。(苦笑)

2人で美味しいねって・・・。^^;
小さな幸せ噛みしめてました☆


posted by 夫はチョコレート at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

蛍〜Firefly〜

昨今、開発の波に押されて環境破壊が進み、結果絶滅に瀕している動物や野鳥、昆虫等が多くなっていますが、蛍もその一つと言えるのではないでしょうか?

絶滅動物。。。悲しい響きです。

昨日は、早めに仕事を切り上げて、夫と2人で『蛍』を見に行きました。

日中は雨が降っていましたが、夕方になるに従って雨が止み、空がピンク色に染まってとても綺麗でしたが、曇も多く、また蒸し暑く『蛍』を見るにはもってこいなパーフェクトな環境が整い、また時期的にも今しか見る事が出来ないので思い切って出掛けました。

私の住む市には自然環境をそのまま残している公園があります。

今まで前を素通りするばかりで、訪れた事がなかったのですが・・・。
2、3日前に急に『蛍』が見たいなぁ〜。近くに見れる所ないかなぁ〜。呟いていましたら、偶然にも数日前に見に行って来た方が、その公園を教えてくれたのでした。

実際行って見ると、ほんの30〜40分の間に20匹位は見たでしょうか。暗い、足場の悪い森の中の公園なので、生息スポット3ヶ所の中の1ヶ所だけに行きました。

そんな中、私達のちょうど目の前に1匹現れました☆
夫が手を伸ばすと光が消えました。が、次の瞬間そっと手を開くと1匹のゲンジ蛍がおりました。^^

綺麗な色の光を放っています。
結構明るいなぁ〜。

少し先には、子供連れの家族の声が聞こえます。

私達はその家族に声を掛けましたが、返事は有りません。
暗闇の中で知らない人に急に声を掛けられて警戒したのでしょうか?

でも夫が子供さんの目の前に、手を差し出してゆっくりと開くと、光が見る始めました。すると、その一家がみるみる興奮して『お〜、有難うございます!』と笑顔?!のお父さん。勿論、暗いので顔は見えませんが、声が弾んでいました。^^

蛍を捕まえるのはダメですが、子供達が近くで蛍を観察出来るいい機会を作ってあげた夫をちょっぴり誇らしく思いました。

私も久しぶりに子供に戻って、沢や湿地帯、森の中を優雅に飛んでいる蛍の姿を見て、心が洗われました。

ところで、夫が言っていたのですが、夫の実家にも蛍がいるそうです。
近くに湖だか沼地だか(何なのかは良く分かりません)が有るそうで・・・。
日本の蛍はナイジェリアのものより大きいと言っていました。大きいのもいるらしいけど、あまり一般的じゃないのかも知れないですね。それに『Sweet Water』と言っていた様な気が・・・。水が甘いと言うのは日本だけじゃないのかも知れません。不思議です。

蛍のあの光って、とても神秘的ですよね。
2人とも光のナゾについての話が尽きませんでした。帰りに公園を管理している方にも話を聞いたりして、本当に楽しかったです。^^

私の街で蛍が見られるのはとっても誇らしいです。

蛍が生息出来る自然環境を、次の世代にも残せるか否かは私達次第なんですよね。是非残してあげたいと思います。

皆さんのお近くでも、蛍の見られる所が有るかも知れませんヨ。
関東地方なら今月一杯は見られると思いますので、検索してみては如何でしょうか?

posted by 夫はチョコレート at 11:20| Comment(3) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

信頼関係。

夫を想うとキュンとなる嫁バカ日記を書きましたが、そんな私でも夫の過去の悪い行いがトラウマとなって、100%信頼するのは時にとても難しく、苦しいです。

一度失くした信頼関係を再構築するのは、お互いにとって、とても時間の掛る事ですし、努力が要ります。夫は私に真摯な態度で証明し続けなくてはならないですし、私は彼を信じる努力を日々し続けなくてはなりません。

努力の積み重ねが大切って事ですが、失ってみるとその大切さがよーく分かりますね。
あぁ『信じる』って難しい。

これが今の私の課題です・・・。

『こんな気持ちのままでこれから先も一緒に暮らして行けるかナ?』と考えちゃう日も有りますが、また一緒に生活する事になったのですから、なるべく過去の事は胸にしまって、お互いに心から寄り添える関係作りをする努力はしないとなぁ〜と感じています。

ったくもう。むかっ(怒り)
信頼関係を失う様な事までするなぁぁあ!パンチ

posted by 夫はチョコレート at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

キュンとなるツボ。

自分でも親バカならぬ嫁バカだなぁと思うのですが、主人の事を想うと切な〜くなってしまうツボが有るので、今日はそれについて書きたいと思います。^^;

このブログにも何度か書いてるのですが、私達がこれから向き合って解決していかないといけいないのが『家族の問題』です。具体的には夫と私の両親との関係です。

私の事を想ってくれる私の家族にとって、事情はどうであれ3年以上も夫の務めを放棄して日本に帰って来なかった者を「あーそうですか」と簡単には許せないのです。しかも、夫が約束を守れなかった為に、事態が悪化していて、自ら、関係をぶち壊した感じになってしまっています。

夫が帰国した事は両親に伝えているのですが、まだ挨拶に行っていません。と言うか今はまだ行かれないんです。最低でも生活が落着いてからでないと顔を合わせる事が出来ないのです。

今の状況では、結局は『仕事は?どうやって生活するつもりなんだ?』と言われるのがオチです。
そんな事は言われなくても重々承知している訳で・・・。

だから両親には『帰国したので挨拶&お詫びにすぐに来たい気持ちは有るが、今のままでは来る事が出来ないので、生活が落ちつくまでもう少し時間を下さい』と言っていると伝えています。

今は日本での生活を安定させる為の仕事をゲットするのが最優先です。

彼は私の両親の気持ちも、帰国してから自分の置かれる立場も、全て承知の上だったと思うんです。(自分のした事なんで当たり前です・・・ケド)

私の両親、姉妹、伯母、友人達は、夫のした事を快く思っていませんし、私に対する気持ちが強い肉親程、夫に対する気持ちは拒絶に近いモノです。実際、父も母も夫に会いたくないと言いました。

だからなお更なのですが、それでもそんな居心地の悪い場所に帰って来た夫は、実はもの凄く私を愛してくれてる!?と思えました。普段は全然何も言わないですけど、行動で示してくれたんだなぁ。。。キュン揺れるハート

もし私だったらと考えると、私は絶対にそんな居心地の悪い所には戻りたくないと思います。何もかも面倒臭くなれば、外国の家族の事はすっかり忘れて、新しいパートナーを見つけて幸せに暮らしていくかも知れません。

だから、そんなもの凄ーーーく居心地の悪い、自分の場所と言うか、私の所へ戻って来て『やっと安全な所へ帰って来た気がする』と言った夫を想うと、とても切なくなってしまうのです。

『よーしよし』と、頭ゴリゴリしてあげたくなります。^^

私も主人のお母さんや兄弟達に対しては、後ろめたい気持ちがあるので(何年も会いに行っていないので)夫の気持ちは分かります。だからお互いの隣りが自分の居場所であり、一番安心出来るHOMEでありたいと思いました。

夫と私の両親との関係修復にはまだ時間が掛りそうですが、一日でも早くそう出来る様に全力投球している夫を私も支えてあげたいと思います。^^ガンバリマス!

posted by 夫はチョコレート at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ぺぺ。

もう何度言っても違うらしいんですよ私の発音。

私は辛い物が好きで、最近は色々な国の唐辛子にはまっているのですが、『ぺぺ』とは唐辛子の事です。

我が家ではナイジェリア産、韓国産、フィリピン産、アメリカ産、カナダ産、ブラジル産の唐辛子に囲まれて、お料理によって使い分けています。

今年はベランダ菜園で、唐辛子を育ててみようかと思っているので、近々日本産も追加予定です。^^v

余った唐辛子はオイルに漬けて、お料理に使ったり、ラー油にしてもいいかなぁ。

100511_1735_0001.jpg

左:ブラジル産唐辛子「コマリ」のオイル漬け
中:ナイジェリア産
右:韓国産

100511_1736_0001.jpg

左:フィリピン産「グリーンペッパーソース」
中:フィリピン産「レッドチリソース」
右:アメリカ産「チリソース」

ナイジェリア人の主人は『Pepper』をぺぺと発音。
私はペッパーと発音するのですが、主人はいつも紙−ペイパーと聞こえると言います。

アメリカ人の友達に発音を確認したのですが、ペ(ッ)パーと聞こえ、実際私と殆ど変わりませんでしたが、ペパーに近いかもです。

それで、私は主人と話す時には、彼と同じ音『ぺぺ』と発音する事にしました。ぺぺという音も可愛いし、一々直されるのも、言い直すのも面倒ですしね。^^;

『あのね、今年はぺぺをベランダで育ててみようと思っているんだよ。』

私の発音にすっかり納得の夫の様子をみて、ふふーんと思う私でした。(笑)

しかしまだ苗を買っておらず・・・急がねば!!

posted by 夫はチョコレート at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

こういうの何て言う?

先日、1月に亡くなった主人の父のお葬式が執り行われました。
結局4ヶ月も経ってからとなりました。

伝統儀礼に則って行われた様です。

亡くなってからというもの、主人や兄弟達皆が協力し合って色々な分担をしながら準備を進めて来ていましたので、主人も日本には居ますが気持ちはお父さんの傍にある様でした。

ナイジェリアと日本は8時間の時差(日本がアヘッド)なので、こちらの夜の8時頃が向こうのお昼なのですが、日本では丁度夕食が終わって、今日はお父さんにお酒でも捧げようと言っておりました。

それで、じゃあそろそろコンビニでビールでも買って来ようかと言っていた時に『ピンポーン』と誰かが来ました。出てみると宅急便です。差出人は私の伯母で、何かと思えば、なんとワイン。

主人が何?と聞くので『ワインが届いたよ!』と言うと夫も驚いた様子。2人で顔を見合わせてしまいました。

ただの偶然と言えばそれまでかも知れませんが、私はある事を感じていました。

ちょうど、ナイジェリア時間のお昼頃からお葬式が始まるとの事だったので、主人と私は、冷えたワイン(クール宅急便で届いた)をお父さんに捧げる意味で、早速開ける事にしました。

と、その前に急いで送り主にお礼の電話を入れて・・・。

主人がお祈りをお父さんに捧げました。
詳しくは書きませんが、男同士のというか、息子と父親の会話を垣間見ました。『出席する事が出来なくて怒っていたらごめん。でも日本に戻る前にナイジェリアで、自分の仕事を果たして来たよ。』と報告し、お祈りが終わり・・・

それじゃあ飲もうか?と言うので、『私も言うね。上手く言えるか分からないけれど。』という訳で私の番に。

『お父さん、会いに行く事が出来なくてごんなさい。ナイジェリアと日本は遠いけど、もう距離は関係ないですよね。いつでも会いたい時に夫に会いに来て下さい。そしてこれから、私達2人を見守っていて下さい。安らかに眠って下さい。』という内容の事を嗚咽をこらえつつ言い終えました。

ふう〜。^^;

お別れの言葉とお祈りが終わって主人を見ると号泣です。その様子を見て、我慢していた涙を堪え切れなくて、またしても2人、親不孝を謝りながら泣きました。

そして主人と私の、お父さんとのお別れのセレモニーが終わりました。

次の日、一緒に出掛けた電車の中で昨日の出来事を振り返っていた時に、夫が『こういうのって何て言う?』と聞くので暫く考えていましたが、なかなか丁度良い言葉が見つかりません。

ただ私が感じた事は、これはタダの偶然じゃなくて、家族の結びつきを表わした出来事なんじゃないかと思えました。

『ミラクルと言うかなぁ?』というので、『そうだなぁ〜ミラクルとも言うかもね。でもこの出来事はお互いの家族・・・広い意味での祖先というか、そういう目には見えない家同士の繋がりを感じない?』と私。

主人も『ん〜なるほど。』と感慨深げ。

もっと語彙が豊富なら、もう少しスッキリ伝えられるのになぁ。
でも、こういう事って言葉で言い表すのは難しいですね。

posted by 夫はチョコレート at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

してあげたかった事1つ目

去年の話ですが、実家の家庭菜園で採れた夏野菜を使った生地から作るピザがとても美味しかったので、夫にも帰って来たら作ってあげたいなぁと思っておりました。

そんな訳で先日、お誕生日だったものですから、早速作ってあげました。

『えーそんなに?!そんなに美味しかったですか?!だったら、もっと早く作ってあげれば良かったね!』と思う位に大、大、大好評だったので、なんだか作った方も嬉しくなりましたるんるん 『よっ、誉め上手!』

そんな、感動する位美味しかった?ナゼかなぁ?
やっぱ愛情たっぷりだったからかナ? *^^* ニヤニヤ

レシピを公開して下さっている方も書いていますが、すっごく簡単なんで、あんまり感動されるとこっちが照れます。でもお陰で、素敵な奥さんの株がぐーーーんとグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)UP上がったみたいです。

100508_2013~0001.jpg

ちなみに・・・。

2人とも焼きたて熱々をガッツいたので、最初の2枚はカメラ撮り忘れあせあせ(飛び散る汗)
辛うじて最後の1枚を撮りました。^^;

素敵な彼女&奥さんの株を上げたい方は是非手作りピザをお試しあれ。
☆クックパッドでピザを検索!


posted by 夫はチョコレート at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

さぁどう乗り越える?

話し合いを沢山していく中で、以前から感じていた事ではありますが、どうしてもお互いに理解出来ない考え方の壁があります。あまりに違う文化や習慣が根本にある為に理解に苦しむ事が多く有ります。でも歩み寄る事は出来ると思うんです。自分の言い分ばかりを通そうとするのでは無くて、少しだけ譲歩する気持ちを持って、相手に知ってもらいたい、分かって貰いたいと思っている事が伝わる事が大切だと思うんです。

実際に『ナイジェリアでは、あーだ、こーだ』と言われても、行った事も見た事もない国の事を理解してと言われても難しい話です。

だから、日本に住んでいる夫がもっと私の話を素直に聞いて、柔軟に理解する方が早いと思うのですが、その卓越した境地に至るのは精神的に成熟していないと難しい訳で、その為時々衝突もある訳ですが・・・。

近頃は、今まで話してこなかった事も結構沢山有ったんだなぁと気付く事も多いです。←つまり私がコミュニケーションをサボっていたという事なんですよね。(反省) ですので反省をふまえて、主人が知らなかったディープな日本の習慣や風習を少しずつ話して聞かせています。

結果的に、お互いに "壁" を乗り越える近道は無く、面倒臭がらずに『コミュニケーション』を続けるって事が一番大切な事なんだと思います。『コミュニケーション』を続けてお互いの理解を深める努力をこれからも続けたいと思います。 ←国際結婚とか関係ないですね!^^

更に、日本語も沢山覚えて欲しいから、なるべく日本語を使う様にしました。私にとっても英語で話した方が簡単(一度で済む)ですけど、日本で生活する上で必要不可欠なものですから、ビシバシ日本語で話しかけてます。 ←夫の悲鳴(心の)が聞こえて来ます。^^;

『頑張れ〜』ってエールを(心の中で)送ってます!^^

posted by 夫はチョコレート at 16:38| Comment(5) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

自然体

ようやく主人も私も以前の私達に戻りつつあります。

暫くの間は、久しぶりに会えた嬉しさや安堵感、それから心の中の距離感というものが、複雑に入り混じっていたのですが、最近は随分と意識しないで生活出来る様になって来ました。

一言でいうと『自然体』とでも言うのでしょうか。

主人が戻ってからの最初の2週間は、ちょっとぎこちない感じではありましたが、ほぼ夫婦水入らずで過ごしました。これからまた2人で生活を共にして行けるかなぁ〜?という無言のトライアル期間みたいな感じです。^^;

その後は、カナダの友人が半月程ホームステイしていた関係も有り、また私が旅行に出掛けた事や、各々の友人達とワイワイって事も多く有りまして、あまり一緒に過ごしておりませんでした。だからこのGWは2人でゆっくり過ごせるかなぁと思っていましたが・・・。

結局、私が珍しく風邪を引き寝込みました。

2人のトライアル期間?!も何とか無事に終わり、友人達ともだいぶ再会を果たし、風邪も治って、生活が落着いて来て、ようやく『自然体』で居られる様になって来たところです。

でも落着いて来ると、これからの事に目が行きます。

未解決のままの課題に取組まなくてはならないですし、一番大変なのが家族の問題です。そして仕事の事です。

話す事、やらなくてはならない事が沢山有って、心も身体も焦ってしまうのですが、焦ってもダメなんですよね。少しずつでも確実に良い方へ前進出来る様に一歩ずつ踏み出して行かないと。

『自分を信じて!夫の可能性を信じて!一歩ずつ進むのだ!』

自分自身に言い聞かせてます。^^


posted by 夫はチョコレート at 14:27| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。