2013年05月27日

結婚10周年で思うこと

今月、奇跡的に結婚丸10年となりました☆(笑)

一口に10年と言っても、我が家は本当に色々な事があり実に濃〜い日々だった為、10年以上に感じます。気苦労が多くて正直ぐんと老けました。良く頑張ったな〜って思います。自分で自分を褒めるなんて、自惚れているかも知れませんが、なんだかんだと言いながらも、陰日向になり夫を支えて来た10年でした。「折角縁有って結ばれた訳ですから!」の思いを大切にしながら、苦難を乗り越えて来た日々という感じです。

夫の為なら、困難な事でも何とか出来る!って信じられましたね。ホント馬鹿みたいに真っ直ぐに突っ走ってました。そうやって自分の信じる道を一生懸命に歩んでこれたのは、やっぱり「若さ」があったからかな?と思います。若いって事は、それだけで素晴らしい事なんですね。^^

そして今、節目の時に思う事を素直に書きたいと思います。

まずは、夫はどうか知りません?!が、私は夫一筋で10年来れました。(笑)これぞ愛の成せる業でしょうか?めちゃくちゃ基本的な事ですが、でもこれって重要な事ですよね。他の男性に目移りする事は多々ございましたが、ダメ夫への報復の為とか、欲望を抑えられなくてとか、その様な裏切り行為は一切せずに済みました。^^v 

しかしですね、結婚前に思っていた以上に、国際結婚と言うのは、もっと覚悟が必要だったな、というのが本音ですね。国際結婚に憧れて・・・位で国際結婚を考えている方がいらっしゃるならば、経験者として、もう少し慎重に色々な事を考えてみて欲しいと思います。私自身も若干反省です。^^;

まぁ、我が家の場合は、結婚前から大変な状況でしたのである程度覚悟はしておりましたが、必然的に結婚生活自体も多難な事が多く、もっと踏み込んで言えば、そういう状況を作る人というのは、トラブルになりやすい人という点に気付けなかった自分が未熟だったな〜と思います。^^;

でも、それは10年経った今の私だから言える事です。結婚を決めた時は、「この人に真っ当な道を歩かせる事が出来るのは私しかいない!」と変な責任感が有りましたから。^^; そして、言い換えれば「人生に無駄は無い!」訳なので、本当に色々な事を経験させてくれた夫には、ある意味大感謝という事になります。(苦笑)

補足しますと、夫もこの10年で随分変わりました。自らトラブルになる様な事はしなくなりましたし、丸くなりました。自分がした経験を生かすも殺すも結局は本人次第なんだなぁ〜と、夫から学ぶ事も沢山有ります。

さて、過去の事は置いておいて、これからの事を考えてみたいと思います。色々と経験して来て、よりシビアになっている自分がいます。もう若くないから当然と言えば当然ですね。

これから先の10年を考えた時に、今までと変わらずドタバタな生活は想像出来ません。出来ないと言うか、想像したくないと言うのが本音です。守りに入るには早過ぎると思いますが、ギンギンに攻める歳でもありませんし、安定を求めるお年頃なので、どっしり20年後を見据えた生活をしていたいと思います。

では、その為には今何をすべきなのか?を考えてみますと、一番手っ取り早いのは、すっぱり夫を捨てて、波風立たない穏やかな自分の人生を歩んで行く事だろうと思います。(笑) いよいよ、このブログも終りか?!

真面目な話、もし私がそれを決断したとしても、誰も私の事を自分勝手と責める人はいないでしょう。親姉妹をはじめ、周りの友人達は皆、今までを見ていてくれますから。「結婚」というシステムに捉われる事無く、そして無駄な荷物を背負う事無く、もっと自由にのびのびと居心地の良い環境を作る事は、ぶっちゃけ夫を捨てれば可能な訳です。これからの自分の人生をリメイクするってのもアリだな!と真剣に思っている自分も、正直居たりします。

ですが・・・そう分かっていても出来ないのが男と女がややこしい所以ですね。私達の場合、例えお互いを罵り合う様な喧嘩をしたとしても「離婚」はしないんだろうな〜という気がします。

だけど、今後の事は誰にも分かりませんし、もしかすると「離婚」という決断をする時が来るかも知れませんので、その日までは夫と色々な事を話し合い、理想や将来のイメージを共有するという作業もしてみようかと思います。どちらにしても直ぐには答えが出ないので、とりあえず次の10年の間に、夫を捨てるかどうかをじっくり考えてみようと思います。^^;(苦笑)そして、私自身も夫に捨てられる事の無い様、努力はしたいと思います。

人生一度きりですので、悔いの残らない様に全うしたいものです。
posted by 夫はチョコレート at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。