2015年02月02日

エンディングノート

2015-01-31-04-07-14_deco.jpg
☆2015年1月のある朝

うっかりブログやっていた事を忘れる程の2014年の激動っぷり、半端なかったなぁ〜と今頃になってしみじみ回想しているチョコレートでございます。(笑)

皆様、今日(日付変わって昨日)から2015年も2月がスタートですヨ〜。本当に時間の経つのは早いものですネ。

あまりにもご無沙汰していたので「あのブログの主は生きているのか?!」とご心配下さった方もいたのではないかと思ったりしております。(笑) ご心配お掛けしてすみません!!何とかやってはいたのですが急激に周りの環境が変化し始め、自分もその渦の中に飲み込まれておりました。激動な日々を生きておりました。

そしてつい最近、やっと少し落ち着き出したところです。落ち着き出したら、「あ、そうだ!私ブログやってたじゃん!」って思い出しまして…。^^;忙しすぎてブログの存在完全に忘れてしもてました。(苦笑)

2014年は私にとっては「家族の為に奉仕した一年」でした。

去年の2月に母が背骨を圧迫骨折し、それからというもの週一での通院送迎&付き添い、湿布を貼ったり取り替えたり、身体を拭いて痛い所をマッサージしたり、お風呂に入れたり、髪染したり、グルーミングをしてあげたり、買い物や食事の支度、ゴミ捨て、その他支払、家の修繕や、庭の手入れなども母に代わって実家を切り盛りする日々が始まりました。

姉も高熱出したりする事が多いので、病院の送迎&診察の付添い、歯医者や、母と一緒に通っている鍼灸院の送迎もあり、本当にもう一人元気な姉妹がいたらなぁ〜と思っていました。フルタイムの仕事を持ちながらそれをこなすという事は自分も仕事を休む事な訳で…本当にしんどかったです。

母の圧迫骨折が良くなるまで丸々3ヶ月、その後も何の病気か分からないまま、何かがおかしいと、地域の大病院の色々な科に通っては、検査していました。最終的に神経科でパーキンソン病と診断されたのですが、それまでの間は、検査検査の日々でした。パーキンソン病は、色々な症状が出てくるので、近くにそういう人がいて見たり聞いたりしていないと、直ぐには何の病気かよく分からないのです。何科に行けばいいのか?まずそれから悩む訳です。なので病院では、脳、心臓、精神病、神経の精密検査を幾つ幾つもやりました。今は投薬で症状を抑える治療なので病院は3ヶ月に1回と落ち着いていますが、不眠、頻尿、食欲不振、情緒不安、記憶障害などの症状に苦しんでおり、どんどん体重が落ち衰弱が激しいです。

主治医に、治療薬の投与量の調節が難しいと言われたのですが、確かにそうだなぁと実感しています。たまに薬の副作用で、軽い幻視を見たりしている様で、それが現実なのか夢なのか、はたまた想像の事なのか、時々区別がつきにくい様です。なので意味不明な事を言ったり、つじつまが合わない話を何度もしたりします。「あ、今何か変な事を言った」と本人も多少の自覚は有る様ですが、直ぐに忘れてしまう痴呆の様な症状も出たりしています。

全部を真面目に受け取って聞いているとこちらがおかしくなりそうになるのですが、気持ちに寄り添いながら、励ましながら「あれもこれも病気が言わせていることなんだ」と自分を納得させる事を覚えるまでは、私の場合は努力が必要でした。何度も同じ事を聞かれたり、変な事を言っているのを聞いたりすると、こちらもついイライラしてしまって、声を荒げてしまったりと、自分の気持ちをコントロールする事の難しさを感じずにはいられません。何度か失敗しながらも、そのコツを覚えるのに私にも時間が必要でした。

「あぁ、とうとう介護が必要な時が来たんだな〜。」と思わずにはいられません。

2014年9月には、介護保険のリハビリ施設の手続きをして10月頃からリハビリ施設に通い出したのですが、今年に入っていからは体調が悪く、全く行かれていない現状です。

今はしんどくても、側で話を聞いてあげる事で母が少しでも癒されるのなら、そうしてあげよう!と思えた事で、私と母との関係は随分変わりました。自分の事は後回しにしてでも実家に行った日は必ず、引きずり震える足をマッサージ、痛い背中と肩周りを擦って、必要なら一緒にお風呂に入って体や髪を洗って、夕食後フェイスパックでエステシャンにも、ネイルリストにも変身しながら一緒に過ごしています。同じ目線で衝突していた時を、あっという間に通り越して、今は「母のお母さん」になった気持ちです。昔、母が私にしてくれた事全てをお返えしする気持ちで向き合いながら、その中で母の病気と上手くやる方法を、私も見つける日々です。

今年は去年よりも母が少しでも元気になってくれる様に願うばかりですが、そうならないという事も有ると思うので母と一緒にエンディングノート作りをやろうと思っています。まだ元気な、今のうちじゃないと出来ないですし、自分の人生の最後をどのように締めくくりたいかを一緒に考える事は、とても大切な事だと思うのです。母の事、エンディングノート作りを通して改めて良く知る事になるのだろうなぁ〜。^^

2015年も母に寄り添いながら、自分のやるべき事をしっかりやり遂げたいと思います。




posted by 夫はチョコレート at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FAMILY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。