2014年05月17日

幸せについて

もうすぐ私達の結婚記念日です。えっ!もう1年経っちゃった?!と驚きます。@@;
ここのところ、ブログの更新自体が大分ご無沙汰なのですが、それにしても全く夫の事について書いてませんね。(苦笑)

私は2012年に最愛の父を亡くし、一周忌までは本当にバタバタ続きでしたので、法要が終わった後しばらくの間は、その後遺症の様にまったりと過ごしつつ、猛烈にこれからの自分の人生について考え初めていました。人間というのはやはり大切な人を亡くすと、ちょっとおかしくなったり、今まで考えもしなかった様な事を考えてしてしまうものなのですね。私の場合は、自分の残りの人生の、幸せについて考えていました。

人は、どんな時に幸せを感じるのでしょう?
また、どんな人生を送る事が幸せな事なのでしょう?

人生にルールは無いし、これが答えだという事も無く、他人からしたらアホらしい事でも自分にとってはとても価値のある事だったりするので、その答えもまた、自分の中にしか無いのだと思います。

私にとっての幸せとは?

んー何でしょうね...。分からず苦笑。

今までの十数年の夫との生活が、あまりにもドラマチック過ぎて、普通の幸せの感覚がとてつもなく麻痺している事に気付きました。自分でもちょっと引きます。(笑)

それで何か月間か考えた結果、ようやく自分にとっての幸せとは何か?が分かりました。それは、やはりとてもシンプルな事でしたが、父から今まで受けていた様な無条件の愛でいつも守られている事を感じる事が出来る事です。それをまた感じられる事が出来たらとても幸せな事だと思えましたね。それは母からの愛とはだいぶ違うんです。父亡き後は、一番の理解者は夫しかいないと思えました。だから自分達がお互いに正しい相手である事を証明する為にも、ずっと一緒にいようって話をされた時はとても嬉しかったのですが、今の私は残念な事に、自分の思い描く幸せとは全く程遠い場所にいます。

世の中が平和で、健康で、愛する夫は私を誰よりも理解してくれていて、守ってくれて、家族で楽しい時間を共有したり、理解しあえる友人がいて、皆で笑い合える事が、私にとっての幸せです。

夫は私を幸せにする為にはまず自分!自分が幸せなら私も幸せと考えており、その事自体は間違っていないのですが、そのアプローチ方法がめちゃくちゃで、気の休まる時が有りません。

ふと、この結婚生活を続けたら、きっと、このままずっと不満と不安を抱えたまま、歳を取り、老いて死んでいくんだろうなぁ〜と思ってしまうのです。

人生には辛い時も苦しい時もあり、楽しい時ばかりではありません。むしろ辛い事の方が多いですし、困難な時に話し合い、支え合い、分かち合う事で家族の絆が強まり夫婦になって行くのです。「やっぱりこの人と一緒で良かったな〜」と幸せを感じる事が出来きるのです。

いつも自分の事が最優先。いつも責任を途中で投げ出し、いつもその尻拭いが待っています。いつもお金の事で喧嘩が絶えず、いつもイライラしていて、顔を見るたびどよ〜んとした空気が漂い、2人の将来の為と言いつつ、最後まで何一つ貫く事が出来ず、ただただ問題が増えて行くばかりで…。

こんな結婚生活を本当に続ける意味があるのか?その事ばかりを考える様になりました。自分が選んだ相手だから、どんな事が有っても2人で乗り越えて、死ぬまで一緒にいたいと思って来たのですが、このままこの人生を終えるには、あまりにも自分が可愛そうに思えて来ました。

私はもう若くないですが、それでも今からでも自分の思い描く幸せを求めて、人生をやり直す事は出来るのではないかと思っています。私は今更自分の選んだ道を嘆く気はありません。今までは、その時々の状況と感情と、そして考えた結果の連続だったのですから、そこを自分で全否定するつもりはありません。

でも、新しいスタートを切ってやり直してもいいんだと思う様になりました。私は自分なりに努力したので悔いはないですし、一度きりの人生ですから、気付いた時点でやり直せばいいかなと思える様になりましたね。人の目も関係ない。自分の人生なんですから、思うままに進めばいいだけです。

結婚って、お互いの家の事、家族の事、仕事の事、自分達の人生の事など、子供の事、色々と話し合って決めて行かなくてはならない事が多いじゃないですか。特に私たちの世代はそろそろ親の老後や介護の事なども視野に入れて考え始める頃ですし、その少し先には自分達の老後の事もぼんやりと視野に入れて行こうか、という年頃です。一人では抱えきれない事でも、夫婦二人で助け合って、一つ一つを乗り越えて行くことが必要ですし、それが出来るのが家族の力だと思うのです。そしてそう出来れば幸せを感じられる筈です。

私にも将来の夢が有り、どうやって具現化していけるのかを現在の状況を考えながら生きている訳で、我慢も必要、努力も必要、時にガラッと発想の転換も必要です。自分の夢を実現するためには、ジレンマもついて来ます。いつもいつも自分を最優先には出来ません。それは自分も家族の一員だからです。上手く事柄を回していく為に、自分の事を一番最後にする事が必要な時も有ります。ストレスに感じる事もあるでしょう。でもそれも必要だと思って、そうやって何年も、夫婦で支え合いながら私は頑張って来たのです。それが結婚というものだと思って来ましたので。

もちろんただ頑張るだけじゃなくて、時には楽しむ事も必要だし、ONとOFFを使い分けながら、出来る時出来ない時も有りますが、自分の理想に近づいていく事こそが人生の目標だったのです。側で同じ目線で進んでくれる最高の夫がいてくれたら、どんなに頼もしい事でしょう。一人では出来ない事でも、2人でなら頑張れます。

ずっと、おじいちゃんおばあちゃんになるまで苦労を共にして行こうと思っていましたが、自分を犠牲にして、と言うか、自分だけを犠牲にして頑張る必要はないのだとの結論にようやく達しました。彼がしているのと同じように、私にも自分の理想の幸せを求める権利があると目が覚めました。

皆さん、ようやくその結論に達する事が出来ましたぁ!(笑)

これから新たな環境作りをして、前に動き出す決意をしたところです。
私の2014年を無駄にしない為にも頑張ります!!

長文のブログを最後まで読んで下さって、有難うございました。m(u u)


posted by 夫はチョコレート at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。