2013年02月21日

出産祝い

先月、友人が目出度くママ♡になりましたので、お祝いをと思っておりましたが、私には何をプレゼントするべきか全く分からず、撃沈しました。

そこで、ママ1年生の友人に、この1年使って本当に便利だった物を聞きましたら、何個か挙げてくれましたので、その中から贈りたい物を選びました。

まず1個目はコレ。
products_91592_0_l.jpg
☆アップリカのバスチェア「赤ちゃんの気持ち

ママ1年生の友人曰く、旦那さんの帰りが遅く1人でお風呂に入れなくてはならない時、本当に役に立ったと言います。確かに、想像しただけでも1人でお風呂に入れるのは本当に大変そうです。赤ちゃんを床に置くわけに行かないですしね。^^;

私がコレいいな〜と思ったのは、赤ちゃんが座って冷っとしない様にシートが工夫されている点と、リクライニングが3段階になるので、洗う時や場面に合わせて形が変わるのがイイですよね。便利だなぁ〜と感心しました。

そして2個目は、もう少ししたら必ず必要になるコチラ。
113059.jpg
☆コンビのテテオマグストロー「くまのプーさん

ママ1年生の友人も愛用中のテテオのマグですが、逆さまにしてもぜーんぜん飲物がこぼれないのでホント便利なんですよ。自分の家ならまだしも、子供がよそのお宅で飲物をこぼすと、相当「はっ」としますが、これなら心配要りません。

そして3つ目は、今一番必要なオムツですね。
アンパンマンの物を選んでみました。^^
zaccaya_4901121537085.jpeg
☆ネピアのおむつ「GENKI!まるごとガードテープ

オムツ代もバカになりませんし・・・。
子育てに役立てて頂ければ、嬉しい限りでございます♡

しかし、さっすが現役ママ!本当に役立つ物を教えて貰えて良かったです。新米ママの助けになりました。^^

今日、その赤ちゃんを見せて貰って来たのですが、なかなかのハンサム君でした。^^
将来はジャニーズだね!(笑)
posted by 夫はチョコレート at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | FRIENDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

Wonka Chocolate

児童小説「チョコレート工場の秘密」が1971年「夢のチョコレート工場:Willy Wonka & the Chocolate Factory」がミュージカル映画として公開されました。そして、2005年「チャーリーとチョコレート工場:Charlie and the Chocolate Factory」が、原作から2度目の映画化になった事は記憶に新しいのではないでしょうか?

51974Q8KH+L._SX353_.jpg
☆2005年版ティムバートン監督「チャーリーとチョコレート工場」

その映画の中に登場するのチョコレート工場のオーナーが、ウィリーウォンカです。ウィリーウォンカのキャンディーカンパニー:Willy Wonka Candy Companyです。

20110612191014.jpg

ほらWonkaチョコ食べてるでしょ?

ウォンカバー:Wonkabar、いわゆるウォンカチョコを買って、ゴールデンチケットが当たった子供は摩訶不思議なチョコレート工場へ招待されるというお話です。

Wonkaの世界

このチョコレート工場はもちろん小説のお話なので架空ですが、現実の世界でも実は買う事が出来ます。ネスレの一部がWilly Wonka Candy CompanyとしてWonkaチョコを製造販売しています。世界中(アイルランド、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、メキシコそして日本)で売っているんですね。

では、この小説から生まれたウォンカチョコ、実際にはいつから販売開始されたのでしょう?気になったので、サクッとググってみましたら、なんと1988年にネスレがライセンスを取得し、それ以後アメリカでの販売が始まった様なのです。という事は、今年で25年目ですか?^^ 夢が有りますよね〜♡

私は、1971年版と2005年版のどちらの映画も見ました。もちろん71年版はリアルタイムではないですヨ!映画を見た当時、このWonkaチョコが販売されている事は知らなかったのですが、今から数年前になると思いますが、偶然販売されているのを目にしたので、気になっておりましたが、買うか買うまいか随分悩みました。(私、「チョコレート」を名乗っている割に、チョコが好きではないので)、でも勿論ちょっと食べてみたい気持ちも有り、結局、面白しろ半分で買ってみたのが最初です。

という訳で今回が、2回目の購入でーす。

パッケージも国によって違う様ですが、実は今回購入したのは日本製のWonkaチョコ、前回は確かオーストラリア製だったと思います。うろ覚えなのですが、フレイバーもちょっと違った様な気がしました。

SN3R1003.JPG
☆Wonka chocolate 500円
(Whipple Scrumptious Caramel Delight)

このチョコレートのパッケージを良く見ますと、上の様にプリントされています。「Whipple」の意味は全く分かりません。「Scurumptious」も知らない言葉だったので調べてみると、これは「素晴らしく美味しい」という意味だそうです。「Caramel Delight」は何となく分かりました。「キャラメル、歓喜」。あーでも翻訳するのは難しいですね。。。どなたか、英語に強い方、ちゃんとした意味を教えてくれると助かります!!

それでも、何となく「めっちゃ美味しいキャラメルの喜び(幸せ)!」と言った感じなんだろうと思います。とにかく味は、リッチなキャラメルがチョコレートにサンドされ、パフが下の層に入っております。さすが外国のチョコ、かな〜り甘めです。

Wonka

面白い事に、冬場だけ販売している様なので、こちらも期間限定な商品です。^^


posted by 夫はチョコレート at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

期間限定

冬にアイスクリームを食べる私を見て、母が「全く信じられない!!」と言った目で私を見ます。いっつもそうです。(笑)

私は、アイスクリームが大好き♡なので、季節問わず食べます。
温かい部屋で食べるアイスって美味しいですよね。^^

先日、「何のアイスクリームを食べたい気分かな〜?」と思いながら、散々物色しておりましたら、「期間限定」商品を見つけました。まだ食べた事がありませんでしたし、どちらも美味しそうだったので、2個買いました。

SN3R1015.JPG
☆期間限定のハーゲンダッツ

SN3R1020.JPG SN3R1019.JPG
☆(左)パンプキン (右)紫いも

紫いもは、紫いもクリームが渦巻き状に入っていますが、パンプキンは、食べ進めて行くと、パンプキンクリームが出て来ます。どちらも素材感がばっちり出ていて、とても美味しかったです♡

店頭で見かけたら是非食べてみて下さいネ!^^



posted by 夫はチョコレート at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

2013年のバレンタイン

皆さんは、今年のバレンタインデーは如何お過ごしでしたでしょうか?

私はバレンタイン前に、私の犬の写真をブログにUPしたくて、探していたのですが見つからず仕舞いでした。今日やっと見つかりましたので、UPしまーす。

29834_117556171611753_5158611_n.jpg
☆Valentine Silvy

「待て」の号令が掛かっているし、「カメラ見て!」と言われているしで、内心てんやわんやなシルヴィーです。(笑)ちゃんと云う事聞けるいい子でしたが、心は目の前のご飯&トリーツに向いている為、デロンデロンのよだれが出ちゃってます♡

今年のバレンタインは、我が家では特に何もせずに終わりました。
建国記念日だった11日に、チョコレートを手作りしたんですが、14日には渡しませんでした・・・。

SN3R1012.JPG
☆2013年のバレンタインチョコレート

友人には「友チョコ」を、姉には「シスショコ」を送ったのですが、夫にはまだ渡してないんです!と言うのも、12日に久しぶりに大喧嘩をしてしまい、14日はスルーです。まだすっきりしていないので、いつになったら渡せるかな?って感じです。

作った割に自分は食べてないので、自分用にしちゃってもいい位なんですけど、でもやっぱり、夫の為に作ったので黙って食べちゃうのもどうかと・・・ね。^^;

ところで、モテる旦那さんをお持ちの奥様は、会社や職場などで、夫がバレンタインにチョコレートを貰って帰って来るのをどう思っているのでしょうか?ルックスがカッコイイだけでなく、職場でモテる男というのは、「仕事が出来る&気配り出来る優しい人」でしょ?

1つもチョコレートを貰えない冴えない男より、「流石うちのお父ちゃん!」と思える方がなんかイイなって私は思っています。夫もそんな素敵な男性になれるといいのですが・・・。

posted by 夫はチョコレート at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

ツラレ買い商品の感想まとめ

KIMG1367.JPG 
☆最近のコスメ用品

左からBaby Veil(マンダム)、コラーゲンドリンク1000r(meiji)、ウォーターインリップ(資生堂)、リップグロス(AC)、モイスキューブリップ(近江兄弟社)、リップグロスエッセンスイン(トゥートゥープー)、キャミレールパウダーコラーゲン3000(富士薬品)

少しだけですが、使用感についての商品説明をしたいと思います。

見づらいですが、商品名の上にポインタを乗せクリックすると、関連リンクに飛び、詳しい情報が見られます。上手く商品ページに辿り着けなかったものは、@cosmeの情報にリンクを貼っています。(ご参考まで。)

Baby Veil(マンダム)
一番左、写真見切れちゃってますが、ヘアスプレーです。これはちょっと感動しました。
「フローラルシャボン」のヘアフレグランスというだけありまして、とっても女子力UPする良い香りがします。がしかし、私が気に入ったのは、それだけではありません。髪の静電気と絡まりが激減した事です。この時期本当に静電気と絡まりで苦労していたのですが、このスプレーを使い出してからはサラサラの指通り、スムーズにまとまります。

コラーゲンドリンク1000r(meiji)
ドリンクタイプのコラーゲンです。蛍光ペンの黄色の様な色のドリンクでビックリ。(笑)^^;
味は、ほんのり苦みのあるピーチの様な感じです。初め、独特な香り甘い漢方薬みたいな香りが気になりましたが、不味くはありません。飲み難さもあまり感じません。効果の程は、続けてみないと分かりませんね!

ウォーターインリップくすみピュア(資生堂)
「くすんだ唇をみずみずしい桜色に!」のキャッチコピーに惹かれて購入しましたが、イマイチ、ピンと来ませんでした。ただ使用感としては、すぅーっと伸びるので着け心地は良いです。

リップグロス(AC)
百均のリップグロスですが、香りが良いです。うっすら入っているラメのような物が、唇の上で輝きます。うっすらオレンジ系ですが、使った感じは無色に近いので、口紅の色を変える事はありません。この価格でこの使用感なら特に文句はありません。

モイスキューブリップ(近江兄弟社)
こちらの商品は、敏感肌用の薬用リップです。まず使う前から感動したのは、四角い事です。四角いので転がりません。これは良いです。そして使用感ですが、こちらもウォーターリップなので、すぅーと伸びが良いのですが、高保湿のせいか、同じウォーターリップよりも、もったり感が有り潤いキープな感じです。

リップグロスエッセンスイン(トゥートゥープー)
ノンシリコンのリップグロス兼唇美容液です。唇美容液との事ですが、普通に意識することなくグロスとして使っています。知らず知らずに潤いを与えてくれている感じが嬉しいですし、容量も10gと大容量です。

キャミレールパウダーコラーゲン3000(富士薬品)
粉末状のコラーゲンで、飲み物に溶かして摂るタイプです。香りもお菓子の様なほんのり甘い良い香りです。白いパウダーで、そのまま舐めてみるとミルキーなフルーツ風味で、とても飲みやすいコラーゲンです。効果の程は続けてみないと分かりません。

*個人の感想ですので、ご了承下さいませ。


posted by 夫はチョコレート at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

日本製のコスメ用品

海外の友人に頼まれて、日本製の化粧品関係を漁ってました!
2週間掛けて揃えたので、近々送るところです。^^ホッ。

KIMG1350.JPG
☆MadeinJapanのコスメな品々

頼まれて色々と見て回ったりネットで購入したりしていたのですが、調べている間に私も色々と試してみたくなっちゃいまして・・・。こちらが、私の「ツラレ買い」の品々です。

KIMG1355.JPG
☆あれもこれもと次々と購入。
アホです。^^;

恥ずかしながら、「美」への欲求高まってます!(笑)

今の主流は、リップなら着け心地がサラッとしたウォーター感のある物が多いですね。
あと、ハンドクリークもジェルタイプとか。

しかも最近と言うか、BBクリーム以降の商品は、かなり一石二鳥、いや一石三鳥のヤツも多いですね。

KIMG1380.JPG
☆素肌のしずく+メンソレータムウォーターリップ

素肌のしずくは、ビールのAsahiさんの商品なんですが、化粧水+乳液+美容液+クリーム+パックがこれ1個でOKってヤツです。ここまで来ると一石何鳥なんだか、数えるのもややこしいですが・・・。^^;

しかし使い心地はめっちゃイイです。ナノサイズのヒアルロン水がお肌の奥深くまで浸透してくれるようです。カサつくこの季節は「潤い」や「しっとり」等、心躍る言葉に惹かれますが、実はあまりベトベトする使用感が苦手な私なのです。でもこれは、お肌の表面でパック膜を作ってくれるせいか、サラッと使え、しかもモチモチ感と潤い感を次の日も継続している感じがします。しかも1つで良いのでめっちゃ楽です。ズボラな私もお手軽に美容女子の仲間入り出来ちゃいました。^^

それと、ノンシリコンって言葉がやたらと目に付きました。

やっぱり日本製品っていいですね〜♪♪♪
海外の友人が欲しがるのも納得です。
posted by 夫はチョコレート at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | FRIENDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。