2016年02月02日

春、別れそして出会い

とうとうと言いますか、やっとと言いましょうか。。。

ついに離婚致しました!

ここまで来るのが本当に長かった。
2013年から考え出して、2014年に離婚を決意して以降、昨年の夏頃まで、本当に本当に色々な事が起りました。

夫はどうしてこんな事をしたんだろう?とか、何を考えていたんだろう?とか、今まで私が夫の為にして来た事、夫の為に言い続けて来た事は一体何だったんだろう?とそんな事ばかり考えさせられていました。

ナイジェリアに帰っていた夫が、一昨年の秋に戻って来ました。

昨年の1月、夫が戻ってから2ヶ月経った時、夫婦で良く話し合う為に1泊旅行に出かけました。
家で話すより、外で話した方が良いと考えました。今までのことを水に流す意味でも、たまの旅行でもあるので、伊豆温泉に出かける事にしました。

2人の関係修復は難しいだろうと考えていた私でしたが、夫が戻って来た事を喜ぶ気にはなれなくても、心のどこかでは戻って来る事を期待していたかも知れません。話し合いの結論から言えば、今までの事を許して欲しい、許しがなければ前に進めないとの事で、夫から受けた仕打ちを本心では許せないままでは有りましたが、水に流して夫婦としてやり直す道も考え始めていました。

結婚以来大きな山ばかり越えて来たので、今回もそうやって乗越えるべき事と思ったんでしょうね。
時間は掛かっても…。

そんな中、台湾に行く事になりました。
母の名代で、亡き父の大親友のお墓参りとそのご家族を訪ねる事になりました。

夫が私とやり直したいと思っているなら絶好の機会と思えました。
こうやって母の名代で、父の大親友のお墓を訪ね、その家族を訪ねるという事の重さを感じて、彼自身も家族を持つ事の意味と重みをちゃんと理解して貰いたいと思って、夫を連れて行く事にしました。

私の仕事の関係でお世話になっている方も台湾にいるので、そこも訪ねる事にしました。

夫にとってみたら、この十数年の結婚生活の間に一度も見た事のない私や、私の世界、そして私の家族と家族ぐるみでのお付き合いのある人達との深い友情と結びつきを垣間見た感じがした事でしょう。

それで私は、自分の家族を持つ事の本当の意味、重み、更にはどうやって人と係わり合いながら人生を豊かにするか、これからの人生をどう構築して行くのかを夫に感じて欲しかった。心からそう願っていました。今まで夫には見せていなかった扉を開き、再び夫を受け入れてやり直そうと思い直し始めていました。

台湾から戻った後、夫が母との確執を乗り越えようと努力し始めました。
今まであんなに「今は会わせる顔が無い」と言っていたのに、母と対面して実家の手伝いをしてくれました。

でもそれもつかの間。

夫は家族を持ったことの意味を全然理解していなかったんです。
私の今までの苦労は何だったのかと、本当に悲しくなります。そして十数年も一緒にいた私に対する最後の仕打ちがこれとは、心底寂しかったです。

夫は密かに計画を立て、その機会を見計らっていたんでしょう。
お金を盗んで家を出ようと考えていたんです。

およそ半年位前から永住権の申請中でもあり、台湾から帰国後1ヶ月も経たないうちに、まさかあんな事をするなんて本当に想像もしていなかった。

全く想像をしていなかっただけにそのダメージは本当に大きく、私の心はズタズタになりました。
夫を憎み、恨み、怒りがどうにも抑えられずに、自分の中の優しい部分や美しい心の様なものが崩壊したことを知りました。

心的外傷後ストレスPTSDなのか、フラッシュバックを起こして、辛い気持ちや怒りを何度も繰り返し涙が止まらなくなったり、暫くの間は眠れず、悪夢を見たり、相当精神的に辛い思いをしました。夢の中では、夫が誰かに刺されて生死をさまよっていました。本当は私の方がそんな感じだったというのに。

一度離婚を決めて、そこから許そうとしたところまでの振り子の幅が大きかっただけに、もうこれ以上生きていても意味が無いと思う様になりました。

死んでしまった方が楽と考える自分がいました。
生きているのがイヤになりました。

母の為に蓄えていたお金や、支払のお金、私のへそくりも全部持って行った夫。警察を呼び、ナイジェリアのアナンバラ州協会に連絡をして事情を説明し、離婚したいから夫と連絡を取って欲しいとお願いをしました。

協会では親身に相談にのってくれて、夫を見つけ出してくれました。夫からも話を聞いて、私の望み通り、離婚届けにサインさせてくれました。数か月後、夫から離婚届が届きました。

夫には心底辟易し、早く縁を切る事だけを考えていました。

盗まれたお金も少なくなかったので、相当痛みも伴いましたが、夫婦である場合は起訴しても不起訴になるそうなので泣き寝入りです。だけど、お金なんて一生懸命に生きていなければすぐに底をつくものです。

お金が無くなっても今度は助けてくれる人は誰もいません。
そこからが彼の本当の正念場。

頑張って生きて頂きたいものです。

そういう訳でして、昨年の夏が終わる頃にようやく離婚が成立致しました。

夫が家を出る前にも、というか厳密に言えば、夫がナイジェリアから戻って依頼ずっと、離婚届にはサインしておいてと頼んでいましたが、首を縦に振らなかった夫。でも永住権も無事に取得出来て、アナンバラ協会の理事達の手前もあるし、とうとうサインをしました。

人生って本当に思った通りには行かないものですね。

でも夫の事が好きで結婚したので、こんな事になりましたが、後悔はしていないです。警察につかまったり、入管に収容されたり、行方不明になった事も一度ならず、本当に色々な事が有りました。夫を通して見せられた事の全て、経験した事の全てに感謝して私の結婚生活を終わりました。

そして、このブログは離婚と共に終えようと決めていたので、本日をもって終えたいと思います。2006年に初めてから1月末で丸10年。今まで足を度々運んで下さった皆様、コメントを下さった皆様、バカな私達夫婦を見守っていて下さった皆様、本当に今まで有難うございました。そしてこれからご結婚を考えている国際結婚のカップルの皆様、または婚約者が法的に問題のある皆様、少しでも私の経験が皆様のご参考になれば嬉しい限りです。

未だにPTSDの後遺症が出ていますが、私も前を向いてもう一度歩き始めようと思い始めています。結婚はもうしないだろうと思いますが、穏やかで心の温かい殿方とまたいつの日か出会い、素晴らしい愛を見つけられたらと思っていますので、ご心配なさらずに。

皆様さようなら。


posted by 夫はチョコレート at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年になってしもた!

明けましておめでとうございます。

今朝は目覚めたのが7時10分。ちょうど自宅の窓に日が当たっていましたので、眠い目を擦りながら有り難く初日の出を拝みました。

昨日までの、というか、2015年の疲れがどっと出て、今朝の目覚めはすっきりとは行かず、大掃除などの筋肉痛で体がバキバキいってますが、新年なので、これから実家に挨拶に行こうと思っています。(笑)

皆様の2016年が実り多く、幸多い事をお祈りしております。

posted by 夫はチョコレート at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

エンディングノート

2015-01-31-04-07-14_deco.jpg
☆2015年1月のある朝

うっかりブログやっていた事を忘れる程の2014年の激動っぷり、半端なかったなぁ〜と今頃になってしみじみ回想しているチョコレートでございます。(笑)

皆様、今日(日付変わって昨日)から2015年も2月がスタートですヨ〜。本当に時間の経つのは早いものですネ。

あまりにもご無沙汰していたので「あのブログの主は生きているのか?!」とご心配下さった方もいたのではないかと思ったりしております。(笑) ご心配お掛けしてすみません!!何とかやってはいたのですが急激に周りの環境が変化し始め、自分もその渦の中に飲み込まれておりました。激動な日々を生きておりました。

そしてつい最近、やっと少し落ち着き出したところです。落ち着き出したら、「あ、そうだ!私ブログやってたじゃん!」って思い出しまして…。^^;忙しすぎてブログの存在完全に忘れてしもてました。(苦笑)

2014年は私にとっては「家族の為に奉仕した一年」でした。

去年の2月に母が背骨を圧迫骨折し、それからというもの週一での通院送迎&付き添い、湿布を貼ったり取り替えたり、身体を拭いて痛い所をマッサージしたり、お風呂に入れたり、髪染したり、グルーミングをしてあげたり、買い物や食事の支度、ゴミ捨て、その他支払、家の修繕や、庭の手入れなども母に代わって実家を切り盛りする日々が始まりました。

姉も高熱出したりする事が多いので、病院の送迎&診察の付添い、歯医者や、母と一緒に通っている鍼灸院の送迎もあり、本当にもう一人元気な姉妹がいたらなぁ〜と思っていました。フルタイムの仕事を持ちながらそれをこなすという事は自分も仕事を休む事な訳で…本当にしんどかったです。

母の圧迫骨折が良くなるまで丸々3ヶ月、その後も何の病気か分からないまま、何かがおかしいと、地域の大病院の色々な科に通っては、検査していました。最終的に神経科でパーキンソン病と診断されたのですが、それまでの間は、検査検査の日々でした。パーキンソン病は、色々な症状が出てくるので、近くにそういう人がいて見たり聞いたりしていないと、直ぐには何の病気かよく分からないのです。何科に行けばいいのか?まずそれから悩む訳です。なので病院では、脳、心臓、精神病、神経の精密検査を幾つ幾つもやりました。今は投薬で症状を抑える治療なので病院は3ヶ月に1回と落ち着いていますが、不眠、頻尿、食欲不振、情緒不安、記憶障害などの症状に苦しんでおり、どんどん体重が落ち衰弱が激しいです。

主治医に、治療薬の投与量の調節が難しいと言われたのですが、確かにそうだなぁと実感しています。たまに薬の副作用で、軽い幻視を見たりしている様で、それが現実なのか夢なのか、はたまた想像の事なのか、時々区別がつきにくい様です。なので意味不明な事を言ったり、つじつまが合わない話を何度もしたりします。「あ、今何か変な事を言った」と本人も多少の自覚は有る様ですが、直ぐに忘れてしまう痴呆の様な症状も出たりしています。

全部を真面目に受け取って聞いているとこちらがおかしくなりそうになるのですが、気持ちに寄り添いながら、励ましながら「あれもこれも病気が言わせていることなんだ」と自分を納得させる事を覚えるまでは、私の場合は努力が必要でした。何度も同じ事を聞かれたり、変な事を言っているのを聞いたりすると、こちらもついイライラしてしまって、声を荒げてしまったりと、自分の気持ちをコントロールする事の難しさを感じずにはいられません。何度か失敗しながらも、そのコツを覚えるのに私にも時間が必要でした。

「あぁ、とうとう介護が必要な時が来たんだな〜。」と思わずにはいられません。

2014年9月には、介護保険のリハビリ施設の手続きをして10月頃からリハビリ施設に通い出したのですが、今年に入っていからは体調が悪く、全く行かれていない現状です。

今はしんどくても、側で話を聞いてあげる事で母が少しでも癒されるのなら、そうしてあげよう!と思えた事で、私と母との関係は随分変わりました。自分の事は後回しにしてでも実家に行った日は必ず、引きずり震える足をマッサージ、痛い背中と肩周りを擦って、必要なら一緒にお風呂に入って体や髪を洗って、夕食後フェイスパックでエステシャンにも、ネイルリストにも変身しながら一緒に過ごしています。同じ目線で衝突していた時を、あっという間に通り越して、今は「母のお母さん」になった気持ちです。昔、母が私にしてくれた事全てをお返えしする気持ちで向き合いながら、その中で母の病気と上手くやる方法を、私も見つける日々です。

今年は去年よりも母が少しでも元気になってくれる様に願うばかりですが、そうならないという事も有ると思うので母と一緒にエンディングノート作りをやろうと思っています。まだ元気な、今のうちじゃないと出来ないですし、自分の人生の最後をどのように締めくくりたいかを一緒に考える事は、とても大切な事だと思うのです。母の事、エンディングノート作りを通して改めて良く知る事になるのだろうなぁ〜。^^

2015年も母に寄り添いながら、自分のやるべき事をしっかりやり遂げたいと思います。




posted by 夫はチョコレート at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FAMILY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

鍼灸院

初めての鍼灸院。
母と姉と3人で行って来ました。

2人は前から通っていたそうですが、私は初めて。

いつも私が母の足腰のマッサージをしてあげているので、お礼に「母のおごり」と言うので行って来ました。
実際は、自分で支払しましたが。(笑)

鍼灸院に行ったのに、鍼もお灸もやっておりません。^^;

私は全身マッサージをしてもらいました。
約1時間位でしょうか。

初め先生に「肩と背中、腰の凝りが酷いので…」と話した時はじゃあ電気を流して行きましょうと言われたのですが、実際に肩、首、背中、腰を触って「これは酷い!酷過ぎる!電気を流すとかじゃなく直接マッサージして行きます!」と仰るのでお願いしました。

施術中、私は先生の指が折れないかが心配で「先生、指の骨、折らないで下さいヨ!骨折したらシャレにならないですヨ!」と言っておきました。

「私の肩、岩並みですね。酷いですよね。」と私。
「はい。本当に酷いです〜。」と先生。

そして先生は「ごくごく稀にこういう凝りの酷い人がいらっしゃるのですが、皆さんお付き合いが長くなるんですよ〜」と言ってました。

私ワースト5入りっすかね。(笑)

目→首→肩、背中→腰の凝りが酷いって事は自覚していました。
だけど実はマッサージを受けた日は、私的には肩凝りもそれほど酷くない日だったんですね。

ちょっと驚いたのが、体が全体的に歪んでいるって言われました。
正確には「歪みに捻じれが生じてる」って言われましたね。(笑)

歪みに捻じれ!って。
笑いごとでは無いですが、あまり聞いた事ない表現でした。^^;

なので、相当酷いって事は伝わりました。

マッサージ終えて、お目目ぱっちり。良く見えるんでビックリです。
そして、身体が薄くなった様に感じました。

張りが和らいで、とっても楽になりましたが、マッサージ直後から揉み返し来てます!
早速来ましたヨ、揉み返し!

それで揉んでもらった効果は…。
3日位しか持たないそうです。(泣)

そんな訳で、暫く鍼灸院に通ってみようと思います。
最近、肩甲骨周りの動きが悪いので、いずれは改善されると良いなーと思います。

40歳過ぎたら、身体を労わらないとダメですね。
posted by 夫はチョコレート at 02:58| Comment(2) | TrackBack(0) | FAMILY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

家庭裁判所の離婚申立て

一向に進んでいない私の離婚ではありますが、先日ようやく家庭裁判所で頂いて来た手続きの書類などに目を通すことが出来ました。

まず私の住むエリアの家庭裁判所に行く事になった経緯ですが、市でやっている無料法律相談で夫との離婚を相談したところ、話を聞いてくれた相談員の方が、「それなら家庭裁判所で調停離婚になると思います。弁護士を雇うと相当費用が掛かるので自分でやったら?」と言われたことがきっかけです。

ビックリして「え?自分でも出来るものですか?」と聞くと「出来ますよ!家庭裁判所に行って一度相談してみたら如何ですか?」とアドバイスされました。

私が望んでいる「離婚」は何なのか?その時まで離婚についての知識が全く無かったのですが、そこでようやく分かりました。一口に「離婚」と言っても、実際の離婚の方法は3種類あるんですね。初めて知りました。

@協議離婚で離婚届を役所に提出
 これは夫婦間で納得合意の上、よくテレビドラマに登場する、あの緑の紙、離婚届に署名する方法です。

A家庭裁判所で調停離婚
 これは基本的に相手と話し合いたい事柄がある場合などに利用する方法です。また、調停の場合は円満調整と言って夫婦円満を目的にすることも出来るみたいです。

B家庭裁判所で裁判離婚
 最後は裁判。調停も出来ず複雑な事情が有る場合はこちら。

なるほど〜!!

私は調停離婚を望んでいたのですが、調停では夫婦双方から事情を聴くので、相手方が日本に不在の場合は利用できません。夫は「裁判所」と聞いてビビッて既にナイジェリアへ逃げ帰ってしまった為、私に残された道は裁判離婚しかないみたいです。

全く最後まで世話の焼ける人です。(泣)
今度また改めて裁判離婚について家庭裁判所で相談して来るつもりです!

posted by 夫はチョコレート at 17:42| Comment(6) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

怒涛の5月6月

夫との離婚を決意してから、私はある意味とても平穏な心で過ごして来ました。
本当に今まで自分がどれほどの重荷を背負っていたのかを改めて教えられた気分です。(笑)
「あぁ、もう夫を背負わないでいいんだ!」と思うと、気分が楽♡^^

でも同時に離婚は結婚よりも簡単には行きませんね…。
良く聞く事では有りましたが、自分がその立場になって、実感出来ました。
それは、離婚届を書けば済むという事だけではなく、精神的にというか、心が揺れ動くのです。

揺れ動くというか、揺さぶられるというか…。

夫とは悪い時ばかりではありませんでしたから、とても幸せな時を想って、どうしてこうなってしまったんだろう?と思い出してしまう。

思い出しては悔しい、悲しい気分になるのです。
それが辛いですね。

あの時、離婚を決意する直前の事を考えれば、道は一つしかなかったのだけれど、本当にそれで良かったのか?と考える様になったり、いや、当然だ!と、心の中がジェットコースター状態です。(苦笑)

市の無料法律相談に行き、裁判所で書類を貰って来ました。

書けば終わりなんでしょうが、そう簡単に割り切れない自分もおります。
だからエネルギーが本当に必要ですね。

その意味では、今は「Right Timing」とは言い難いです。

今、私の母の具合が本当に悪くて、5、6月はあちこちの病院の送り迎えと付き添いの日々でした。やっと母の病気をちゃんと分かってくれる医師に辿り付く事が出来ましたが、それまで本当に長い道のりで…。

こんな状況の時は自分の離婚の事まで手も回らず、頭も回らず、しばらく放置していました。でも、ずっと気掛かりで、ずっとすっきり心が晴れる事もなく、誰にも言えず私にとっても辛い状況です。
具合の悪い母に話す事は出来ないですし…。

そうそう、そんな中でも前進出来たな!と思えた事をここに書いておきます。

先日、久しぶりにめっちゃセクシーな下着を買いました♬(笑)
通販で買った下着が届いて、ふと感じたのは、私は無意識に「自分」を取り戻そうとしているのかな?って事。

あと、やっと2人の住処を整理する決心が出来ました。
それで少しずつ始めた訳ですが、夫の諸々だけでなく、新しい自分になるべく、自分の物も色々と処分しています。

この事一つ取ってみても、離婚は面倒が多いですね。

夫とのあれこれ、色々と思い出すと辛いですが、自分の心も落ち着かせながら、焦らず無理せず、少し時間を掛けて、でも離婚へ前向きに取り組み始めたところです。(笑)

posted by 夫はチョコレート at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

幸せについて

もうすぐ私達の結婚記念日です。えっ!もう1年経っちゃった?!と驚きます。@@;
ここのところ、ブログの更新自体が大分ご無沙汰なのですが、それにしても全く夫の事について書いてませんね。(苦笑)

私は2012年に最愛の父を亡くし、一周忌までは本当にバタバタ続きでしたので、法要が終わった後しばらくの間は、その後遺症の様にまったりと過ごしつつ、猛烈にこれからの自分の人生について考え初めていました。人間というのはやはり大切な人を亡くすと、ちょっとおかしくなったり、今まで考えもしなかった様な事を考えてしてしまうものなのですね。私の場合は、自分の残りの人生の、幸せについて考えていました。

人は、どんな時に幸せを感じるのでしょう?
また、どんな人生を送る事が幸せな事なのでしょう?

人生にルールは無いし、これが答えだという事も無く、他人からしたらアホらしい事でも自分にとってはとても価値のある事だったりするので、その答えもまた、自分の中にしか無いのだと思います。

私にとっての幸せとは?

んー何でしょうね...。分からず苦笑。

今までの十数年の夫との生活が、あまりにもドラマチック過ぎて、普通の幸せの感覚がとてつもなく麻痺している事に気付きました。自分でもちょっと引きます。(笑)

それで何か月間か考えた結果、ようやく自分にとっての幸せとは何か?が分かりました。それは、やはりとてもシンプルな事でしたが、父から今まで受けていた様な無条件の愛でいつも守られている事を感じる事が出来る事です。それをまた感じられる事が出来たらとても幸せな事だと思えましたね。それは母からの愛とはだいぶ違うんです。父亡き後は、一番の理解者は夫しかいないと思えました。だから自分達がお互いに正しい相手である事を証明する為にも、ずっと一緒にいようって話をされた時はとても嬉しかったのですが、今の私は残念な事に、自分の思い描く幸せとは全く程遠い場所にいます。

世の中が平和で、健康で、愛する夫は私を誰よりも理解してくれていて、守ってくれて、家族で楽しい時間を共有したり、理解しあえる友人がいて、皆で笑い合える事が、私にとっての幸せです。

夫は私を幸せにする為にはまず自分!自分が幸せなら私も幸せと考えており、その事自体は間違っていないのですが、そのアプローチ方法がめちゃくちゃで、気の休まる時が有りません。

ふと、この結婚生活を続けたら、きっと、このままずっと不満と不安を抱えたまま、歳を取り、老いて死んでいくんだろうなぁ〜と思ってしまうのです。

人生には辛い時も苦しい時もあり、楽しい時ばかりではありません。むしろ辛い事の方が多いですし、困難な時に話し合い、支え合い、分かち合う事で家族の絆が強まり夫婦になって行くのです。「やっぱりこの人と一緒で良かったな〜」と幸せを感じる事が出来きるのです。

いつも自分の事が最優先。いつも責任を途中で投げ出し、いつもその尻拭いが待っています。いつもお金の事で喧嘩が絶えず、いつもイライラしていて、顔を見るたびどよ〜んとした空気が漂い、2人の将来の為と言いつつ、最後まで何一つ貫く事が出来ず、ただただ問題が増えて行くばかりで…。

こんな結婚生活を本当に続ける意味があるのか?その事ばかりを考える様になりました。自分が選んだ相手だから、どんな事が有っても2人で乗り越えて、死ぬまで一緒にいたいと思って来たのですが、このままこの人生を終えるには、あまりにも自分が可愛そうに思えて来ました。

私はもう若くないですが、それでも今からでも自分の思い描く幸せを求めて、人生をやり直す事は出来るのではないかと思っています。私は今更自分の選んだ道を嘆く気はありません。今までは、その時々の状況と感情と、そして考えた結果の連続だったのですから、そこを自分で全否定するつもりはありません。

でも、新しいスタートを切ってやり直してもいいんだと思う様になりました。私は自分なりに努力したので悔いはないですし、一度きりの人生ですから、気付いた時点でやり直せばいいかなと思える様になりましたね。人の目も関係ない。自分の人生なんですから、思うままに進めばいいだけです。

結婚って、お互いの家の事、家族の事、仕事の事、自分達の人生の事など、子供の事、色々と話し合って決めて行かなくてはならない事が多いじゃないですか。特に私たちの世代はそろそろ親の老後や介護の事なども視野に入れて考え始める頃ですし、その少し先には自分達の老後の事もぼんやりと視野に入れて行こうか、という年頃です。一人では抱えきれない事でも、夫婦二人で助け合って、一つ一つを乗り越えて行くことが必要ですし、それが出来るのが家族の力だと思うのです。そしてそう出来れば幸せを感じられる筈です。

私にも将来の夢が有り、どうやって具現化していけるのかを現在の状況を考えながら生きている訳で、我慢も必要、努力も必要、時にガラッと発想の転換も必要です。自分の夢を実現するためには、ジレンマもついて来ます。いつもいつも自分を最優先には出来ません。それは自分も家族の一員だからです。上手く事柄を回していく為に、自分の事を一番最後にする事が必要な時も有ります。ストレスに感じる事もあるでしょう。でもそれも必要だと思って、そうやって何年も、夫婦で支え合いながら私は頑張って来たのです。それが結婚というものだと思って来ましたので。

もちろんただ頑張るだけじゃなくて、時には楽しむ事も必要だし、ONとOFFを使い分けながら、出来る時出来ない時も有りますが、自分の理想に近づいていく事こそが人生の目標だったのです。側で同じ目線で進んでくれる最高の夫がいてくれたら、どんなに頼もしい事でしょう。一人では出来ない事でも、2人でなら頑張れます。

ずっと、おじいちゃんおばあちゃんになるまで苦労を共にして行こうと思っていましたが、自分を犠牲にして、と言うか、自分だけを犠牲にして頑張る必要はないのだとの結論にようやく達しました。彼がしているのと同じように、私にも自分の理想の幸せを求める権利があると目が覚めました。

皆さん、ようやくその結論に達する事が出来ましたぁ!(笑)

これから新たな環境作りをして、前に動き出す決意をしたところです。
私の2014年を無駄にしない為にも頑張ります!!

長文のブログを最後まで読んで下さって、有難うございました。m(u u)


posted by 夫はチョコレート at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

2月の大雪と増税。

すっかりブログの更新を怠っておりました。
このブログを読んで下さっている皆さんはお元気でしょうか?^^

明日からゴールデンウィークという方もいらっしゃると思いますが、私は、お休みの間も家族のお世話で大忙しです。実家の母と姉の病院通いで運転手兼ヘルパーやってます。

話が2月に戻りますが、大雪が関東地方に降った前日、実家の母が、ぎっくり腰をやりました。「雪降る前に灯油缶でも移動させとこ〜」と思って1ガロンの缶を持った瞬間、大変な事になりました。以来、何も出来ず、ただただずっと横になって痛みに耐える1ヶ月半となってしまいました。

あの大雪でしたから、私も実家に行く事も出来ず、ようやくバイクを出すことが出来たのが2日後、おそるおそる運転しながら、何とか実家に辿り着き、母の看病と、そして何故か同時に39度越えの高熱を出した姉の看病、更に更に雪かきと家事を一人で頑張っておりました。

今は母の腰は良くなったのですが、腰以前からずっと具合が悪く、とても疲れやすく、歩く事もままならずな状態なので、今でも食事の支度と2人の病院通いは続いており、母へのマッサージ、ゴミ捨てや買い物、その他の用事の為に半月以上は実家に通っています。

そんな訳で今は実家の事が最優先。空いた時間で仕事、更に空いた時間で自分の事や自宅の事をやるという感じで、ブログの更新なんて時間無い無い!(泣)

2人の面倒をみることで私への負担が激増してます。どちらか1人が動ければ良かったのですが、姉は障害が有り要介護ですし、母もヘルパーさんが必要ですし、夫はいつも必要な時に居ないので、私が頑張るしかない!という状態です。まぁ姉も障害は有っても元気は元気なので、掃除や洗濯、食事の支度、草むしりなどは母と協力して出来る範囲でやってくれるので、その点は助かります。

そうだ!2月3月は増税前という事もあり、私は2人の看病をしながら、夜帰宅してからネットを駆使して結構大きな買い物をしてました。どうせ買おうと思っていた物ばかりなので、計画を立てて、欲しかったあれこれを買いました。また追って少しずつでも紹介出来たらと思います。^^

増税直前の3/30。春の嵐。雨風凄まじい日でしたが、その日は、私のバイクの納車日でした。ずぶ濡れになりながらバイク屋さんがバイクを届けてくれました。

IMG_20140330_145250.jpg ⇒ 1397619930555.jpg
ホンダDio からの乗り換え ホンダToday

Dioも丸12年乗りました。修理すればまだ数年は乗れたかも知れませんが、最近は修理にも結構お金が掛かりますし、増税も有りましたので、金銭面と安全面を考えて購入する事にしました。納車からほぼ1ヶ月ですが、おNewのバイクに乗れたのはまだ4回だけ。近くのスーパーや郵便局に行った位です。まだ遠乗りも出来ていませんので、早くたっぷり乗りたいです!^^

しかし消費税8%!お財布に痛いです。(泣)
決まった事だから仕方ないですけど、なんか憤りを感じずにはいられません。あっちもこっちも増税で、国に治めるお金ばかりが増え、景気回復とは言っていても、実感はまるで無いですし…。

増税しても収入増えれば問題ないんでしょうが、このご時世、頭を使って自分で対策しないとお金は減る一方ですね。
posted by 夫はチョコレート at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FAMILY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もヨロシクお願いします。

2013年の12月。なんだかんだずーっと忙しかった為、31日は完全にやる気モード、シャットダウンしてしまいました。

先月は家の床の張替え工事をやりましたから、タダでさえ荷物の移動やら片付けやら、掃除などで忙しかった上に、お歳暮やクリスマスプレゼントのラッピングや発送、年賀状&カード作成、お墓参りや法要などが4回、忘年会が3回、クリスマスイブに姉が泊まりに来て、クリスマスには家族の為にお料理を頑張り、それが終わった26日は冬期休暇前の会社の仕事ラストスパート、27日仕事納めの夜からは、広島の友人が泊まりに来て、29、30日は実家の大掃除、天井に電器を取り付け、破れた障子も直しました。

31日だけはどうしても自分の事をやりたかったのだけれど、疲れ果てて、完全にシャットダウンしてしましまいました。そんな訳で昨日は1日中ボーっと過ごしていました。

今朝は8時から、昨日やるはずだった急ぎの仕事を1つこなして、今ようやく落ち着いたところです。お昼になる前に、近くの神社に初詣に行って来ようかな?と思っていたのですが、今日も一日やっぱり、ゆっくり家でくつろぐ事にします。

寝正月最高!!♡♡♡

posted by 夫はチョコレート at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

Merry Christmas to you all

Christmas tree @ Sagamiono station.

☆Season's Greeting from Instagram☆

今年は皆さんにとってどんな年となりましたか?来年も素晴らしい事が沢山あり、豊かな年となる様にお祈り致します。素敵なクリスマスと新年をお迎え下さいませ。


posted by 夫はチョコレート at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | JOURNAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。